プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
935位
アクセスランキングを見る>>

名前は知っている・顔は知らない、そういう方たちと会って分かち合う喜び その3

 内容は、前の記事 (9月24日10時15分作成の記事) の続きです。

 ※この記事には、ハンドルネームがかなり使われています。当初は一切ハンドルネームを使わずに記事を書く予定でしたが、それはあまりに厳しいと判断しました。
 私達が行った詳しい場所については教えてはいけないこととなっているため、普段以上に分かり辛い文章となっています。人物関係の分からない方も多数居られると思いますが、ご了承ください。


 なお、この記事のコメントの返事のみ、私の2つのハンドルネームを両方ともに載せています。これで少しは分かりやすくなったのか、かえって分かりにくくなったのかは微妙なところですけどね

 今までの記事では書いてきませんでしたが、ここまでの内容は、とある学校の文化祭における私達11人の行動についてでした。これ以上詳しいことはここには書けません。
 その文化祭も終わり、その後は11人という大人数でカラオケへ向かいます。

 カラオケ店に着き、エレベーターに乗って移動することになりました。
 しかし、エレベーターは11人乗りで、人数は11人です。各人の荷物の重さも考慮すると、エレベーターが重量オーバーになってもおかしくありません。
 10人目までではセーフということが分かり、遠慮がちな私は最初はエレベーターへ乗ることを渋っていたのですが、1人分のエレベーターのスペースも残っていたため、残った私が最後、11人目のエレベーター乗員としてエレベーターに乗りました。すると…

 ブザーがなることも無く、無事にカラオケ店の目的階へ着くことができました!
 
 大学へ入学してから痩せてよかったと思った瞬間でした。昨日の私の体重は60kgくらいのはずです(今日測ってみたら、60kgを切っていました)。
 しかし、高校生時代の最も体重が重い時期には80kgを超えていた時期もあったのです。その当時の体重ではあのエレベーターへは絶対に乗れませんでしたねw

 エレベーターのことばかり書きすぎですね…w

 というわけでカラオケ本番と言いたいところですが、11人を大部屋1つに収容するという手段を取ったため、30分ほど待たされてしまいました。待っている間は、非常に眠そうな方も2~3名いましたね。

 ようやくカラオケ部屋に入ることができたと思ったら、今度は部屋のモニターが壊れていて、かつリモコンが作動しないというハプニングが起きました。違う大部屋を借りるために、ここでもまた20分ほどロスしてしまいました。

 そして、今度こそカラオケの開始です。
 私は今回の参加者の中では、雫月さんriderさん紗月さんの歌声は以前から聴いたことがあります。お三方とも歌が相当上手い、いや、上手いなんてものじゃ済まないということは知っていました。 
 しかし、歌が上手いのはこの方々だけではありませんでした。というよりも、私が1番下手だったのではないかと思わざるを得ませんでした。
 特に、獅子心さんは上のお三方に匹敵する歌唱力の持ち主だと思いました。学園祭の飲食コーナーにて、riderさんが獅子心さんのことを「隠れ歌が上手い人」と言っていましたが、まさにその通りでしたね。

 歌った歌の内容については、覚えている限りだけ書きます

 確か、最初が紗月さん「Dear」、次がriderさん「桜坂」、その次が雫月さん「俺はとことん止まらない!!」と来て、どんどんハードルが高くなっていったのは覚えています。その後、Kennyさん獅子心さんdaigoさんアルドさんと歌っていたのですが(←このあたりの順番は完全にうろ覚えです。アルドさんは私よりも後だったかも…)、ハードルが下がることも無く、私の番になってしまいました。

 カラオケ店にいられる時間も短かったので、「みんなが知っていそうな曲」を選ぶか、「自分が歌いたい曲」を選ぶか本気で悩んだ結果、私は後者を選んだのですが、それが失敗でした。いくらなんでもあの盛り上がった場面で尾崎豊の歌は失敗以外の何物でもありません。自分の歌が上手いか下手かよりも、選曲がKY過ぎました。
 しかも、この曲を知っていたのは翠霧さんただ1人だったという…。もっと知名度の高い曲を歌うべきでした。それなりに自信のあるアニソンの中で選ぶとしたら、幽白やコナンの曲あたりにしておくべきだったでしょうね。

 しかし、ここで翠霧さんがフォローしてくれたおかげで、私はとても気持ちが落ち着きました。
 なんと、翠霧さんも尾崎豊の曲を選曲してくださったのです。しかも、私の大好きな曲でした。本当にありがとうございます!

 そこから先は本当にほとんど覚えていません。でも、最後が紗月さんと雫月さんの「もってけセーラー服」だったことだけは覚えていますw


 カラオケも終わり、いよいよ別れの時です。雫月さんは私を含め、参加者の方々全員と握手をしてくださいました。さすがにあの時ほどではありませんでしたが、やっぱり雫月さんの手は温かかったです。
 その握手の際に、雫月さんへのプレゼントを用意している方が多い事に本当に驚きました。まあ私もとても小さなプレゼントを用意してはいましたけどね。
 私が用意したのはとあるゲームなのですが、雫月さんはそのゲームを持っていなかったようでホッとしました。

 しかし、本当は雫月さんだけでなく、他の方々とも握手を交わしたかったという気持ちもありました。今までは知っていても名前だけという方達と、これだけ長い時間をいっしょに過ごしたのですからね。

 そして、各々解散という形になったのですが、途中まで私と同じ方面へ帰る方は思っていたよりも少なく、雫月さんとKennyさんだけでした。

 帰りの電車では雫月さんとKennyさんと私で色々話していたのですが、何の話をしていたのかがほとんど思い出せません。私は、話していることそのものが楽しいと、かえって話している内容を覚えていないことが多いのです。何か、損ですよね。

 あと、その際に雫月さんの声が枯れていたのが印象的でした。
 今回の参加者のことに常に気を配り、色々と話し続け、カラオケでもキーが高く難しい歌を歌い続けたのですから、声が枯れるのも当然のことなのでしょう。雫月さんと話していると私は本当に楽しいのですが、雫月さんはかなり気を遣っていたのかもしれません。この日は、雫月さんの人柄の良さを知ることのできた日でもありました。
 さすがに頑張り過ぎていたのではないか、その日の夜や翌日に悪い影響が出ないか、ちょっと心配になりました。

 そしてとある駅で私は雫月さん、Kennyさんと別れ、家路に着きました。

 私はおそらく今回のような企画をすることは不可能だとは思いますが、今回の参加者の方々とは、また何らかの形でお会いしたいですね!
 そしてもし、カラオケがあるのでしたら、もっと色々なジャンルの歌を歌えるようにしておきたいです。このブログに音楽に関する投票フォームを設置したのも、歌をたくさん知るためですからね。

 以上、ここまでの3つの長い記事は、私の記録と記憶に残しておくためだけに書いた記事です。おそらく、全部読んでくださっている方はいないでしょう。逆に、 「何だこの自己満足な文章は、この野郎!」と思う方の方がいると思います。
 でも、こんな長い文章にしてまで、私の中の記録と記憶にとどめておきたかった… だからこそここにこうやって書いています。
 9月23日の出来事はそのくらい私にとって貴重な体験であり、楽しい日だったということです。

 さて、現実に引き戻されるわけですが、先ほど新たに企業の会社説明会の予約を入れました。
 説明会予約の時点で、日時の予約が第1希望~第3希望まで決めるように指示されていたのですが、第1希望でなくても良いので、説明会の参加だけはさせて欲しいですね。


 それでは、3つの長き記事にわたる お目汚し  もとい、個人的に残しておきたい記録と記憶に残しておきたいことにお付き合いいただき、ありがとうございました!


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

名前は知っている・顔は知らない、そういう方たちと会って分かち合う喜び その2

 内容は、前の記事 (9月24日2時24分作成の記事) の続きです。

 ※この記事には、ハンドルネームがかなり使われています。当初は一切ハンドルネームを使わずに記事を書く予定でしたが、それはあまりに厳しいと判断しました。
 私達が行った詳しい場所については教えてはいけないこととなっているため、普段以上に分かり辛い文章となっています。人物関係の分からない方も多数居られると思いますが、ご了承ください。

 なお、この記事には参加者全てのハンドルが書かれています。青字がその参加者です。自分だけは、nicenatureでも入着止まりでも無く、私と表記されていますけどね

 昼食を取った後に10人の一行が向かったのは漫画研究会です。メンバーを考えれば当然のルートです。
 ここでは紗月さんとも会いました。というわけで11人での行動です。

 私は絵を描くことが大の苦手なのですが、漫画やイラストを見ているだけでもとても面白いです。落書きコーナーみたいなところで雫月さんとdaigoさんが短時間で絵を描いていたのですが、やはり短時間でもその絵はうまいと感じました。絵のうまい人は、時間をかけなくてもそれなりに良い絵が描けるのでしょうね。私はいくら時間をかけても絵と呼べる絵は描けません。
 あと、漫画研究会で流れていた曲がとても特徴的でした。数年前の私では全く知り得なかったのですが、今の私だとほとんど分かるという曲です。となると、どんな曲なのか…ご想像にお任せします。

 その後、漫画研究会の手伝い?(うろ覚え)があるらしく、紗月さんがいったん離脱しました。そして一行は科学部 (←おそらく名前は違います) へ向かいました。
 そこには文系の私には名前すら聞いたことの無い物質が置かれており、化学反応の名称も全く分かりませんでした。科学マジックというものもやっていましたが、私には今ひとつ理解できませんでした。
 でも、その部屋にあった騙し絵の本は面白かったですね。みんなでいっしょに読んでました。

 そこを出ると、現地から退出しなければならない時刻があと1時間に迫っていました。それに、今まで歩き続けて疲れたこともあり、残り時間は食堂で雑談という形となりました。
 10人がいっしょに使えるテーブルが無かったので、テーブルの配置の関係で4:6に別れることになり、私は6人掛けの方へ行きました。
 ただ、6人だったものの、ユウさん町さんはかなりお疲れのご様子だったので、私、Kennyさん、獅子心さん、翠霧さんの4人で主に色々話していました。
 たまにとなりのテーブルにいるriderさんにKennyさんがちょっかいを出そうとしていて、それに対して見事にriderさんがカウンターを返している場面が見ていて面白かったですw

 でも、雫月さん、riderさん、daigoさん、アルドさんのいる4人掛けの椅子&テーブルではどんな話をしていたのでしょうか?向こうは話が途切れることがほとんど無かったようなので、非常に気になります。

 この後は、紗月さんと合流して、11人という大人数でカラオケへ向かうことになります。 今すぐにでもここに続きを書きたいところですが、既にこの記事も長くなっていますし、続きは次の更新で書きます。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 今書きたいと思った事♪(ノゝ3・)ノナンデモOK - ジャンル : 日記

名前は知っている・顔は知らない、そういう方たちと会って分かち合う喜び その1

 ※この記事には、ハンドルネームがかなり使われています。当初は一切ハンドルネームを使わずに記事を書く予定でしたが、それはあまりに厳しいと判断しました。
 私達が行った詳しい場所については教えてはいけないこととなっているため、普段以上に分かり辛い文章となっています。人物関係の分からない方も多数居られると思いますが、ご了承ください。


 9月23日朝7時過ぎ、インターネット上で名前は知っているものの、顔を全く知らない方ばかり10名と会うために、私は家を出ました。

 しかし、家を出て5分もしないうちにいきなりハプニングです。何と、履いていた右の靴の裏張りが剥がれてしまったのです
 このまま現地に向かうわけには行かないので家に戻り、予定とは違う靴を履いて現地へ向かいました。朝から運が悪いです。

 でも、もともとかなり時間に余裕を持って出かけたので、集合15分前には現地の最寄り駅に着くことができました。
 ただ、人見知りの激しい私は、現地に着いても人に声をかけることができません。1人で待っているうちに、初めて私に声を掛けてくださったのが、daigoさんでした。こういう方がいてくださると私はとても助かります。
 ちなみに、daigoさんはとても味のある絵を描く方の1人です。私にはあのような素晴らしい絵を描くのは到底不可能です。

 そんなこんなで参加者達はみんな揃い、現地へ向かいました。


 この後、時間的にはかなり飛びますが、私が現地で入ったお化け屋敷についての話です。私は絶叫マシーンは好きですが、お化け屋敷は大の苦手です。富士急の「ドドンパ」「FUJIYAMA」は怖がることなく乗ることができますが、 「戦慄迷宮」 へはどれだけ誘われても絶対に行きたくありません。
 そのくらいお化け屋敷が苦手な人間です。

 参加者10名を2人5組に分けて参加し、私はKennyさんといっしょに入ることになりました。Kennyさんはとてもテンションが高く親しみやすい感じの方なので、この組み合わせになったことに私は安心しました。

 このお化け屋敷なのですが、非常に中が狭いです。2人が並んで進むスペースは無く、私が前、Kennyさんが後ろで進むこととなりました。

 このお化け屋敷では本当に色々迷惑をかけました。
 入って最初のところになぜかヘルメットが置かれていて、そこにはなぜか「受付」と書かれています。受付は外で済ませているので、特にすることはありません。ヘルメットを被って進むのか…と思いながら先へ進もうとしたのですが、どこへ行こうとしても次の道が見つかりません。

 最初から詰みゲーですか!?

 と思ったのですが、そうこうしているうちにお化け(役の人)の1人が私達を脅かしながら道を教えてくれました。どうやら、しゃがまないと進めないような狭い道だったようです。
 また、ヘルメットは必要ないことも教えてくれました。

 ちょっと進むと、前には素足で倒れているお化けがいました。その素足がかなり綺麗に見えたので、私はちょっと過剰に反応してしまいましたお化け屋敷なのに、非常にKYな反応をしてしまい、申し訳ありませんでした。

 そのすぐ後に、亡くなっているフリをしているお化けから人形を奪い取り、違うお化けに人形を渡すイベントを行う場面がありました。 まずはKennyさんがその人形を取ろうとしましたが、お化けの脅かし方が思った以上にうまく、人形を取ることができません。
 次に私が人形を取ろうとしたところ、お化けは全く反応を示さないのです。そして私はすんなり人形を手に入れることができ、違うお化けに人形を渡しました。
 もしかしたら、Kennyさんよりも私のほうが脅かし甲斐が無いと判断したのかもしれません。本当はそうであって欲しくないところです。

 その後、お化け屋敷の後半辺りに進むと、「人形が欲しい、無いならば帰って」と要求してくる、さっきとは違うお化けがいました。そういえば、そのちょっと前に人形が3つ置いてある場所があったなあということを思い出し、取りに戻ってお化けに渡そうとしたら、違うと言うのです。
 私達は残りの2つを取りに行こうと戻ろうとしましたが、お化け屋敷が混んでいたこともあり、早く進んでというモーションを起こす他のお化けの音がするのです。仕方なく私達はそのお化けを無視して先へ進むことにしました。
 すると、また違う人形が4体ほど置いてありました。そのうち3体は張り付いていて取れなかったのですが、残りの1体は力を入れなくても簡単に取り外しができるようになっていました。そこで、先ほど無視したお化けのところへ戻り、それを渡しに行こうとしたのですが、その人形の近くにいたお化けが脅かすのではなく、結構本気な感じで「それは持っていかないで!」という反応を示しました。
 どうやら、あれは取り外しができるようになっていたのではなく、たまたまあの1体だけが接着部分が弱くなっていただけのようです。もしかしたら私は器物破損をしてしまったのでしょうか…?

 そこをさらに進むと、出口に着きました。脅かし方もうまく、中のつくりやお化けたちはかなり凝っていて、とても良くできていたと思います。
 ただ、Kennyさんは違いますが、私は非常に迷惑な客だったのではないかと思わざるを得ません。もっと大人にならなければいけませんね。


 後で聞いた話によると、そのお化け屋敷では、daigoさんがかなり叫んでいたらしいです。いっしょに入っていたriderさんの反応も気になるところですw
 あと、雫月さんはどんな反応をしたのでしょうか。そちらもかなり気になりますw
 雫月さんといっしょにお化け屋敷へ入ることになったユウさんがうらやましいです。

 お化け屋敷そのものは非常に面白かったので、とても楽しかったのですが、自分がもっと成長しなければならないなあと思い知らされた場面でもありました。


 お化け屋敷の話だけでかなり長くなってしまったので、続きは次の記事に書きます。私は引き続き次の記事の更新作業に入ります。
 さて、どれだけ長くなるのやら…それは未定ですw


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : ダメ人間日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP