プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
799位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週のPOG出走馬(ネオレボルーションなど)

2月28日(土)
小倉3レース 未勝利戦 プルシアンオリーブ I.J氏指名
中山6レース 新馬戦 フライトステージ I.S氏指名
中山9レース 水仙賞(500万下) ネオレボルーション I.J氏指名

3月1日(日)
小倉3レース 未勝利戦 マイネルソレント M氏指名

 今回の新馬戦でフライトステージが無事にデビューすると、I.J氏に続いて、I.S氏も全ての指名馬がデビューしたことになります。
 I.S氏の場合は、資金の合計額の問題で9頭しか指名していないのですが、結果を見るとこの指名は正解だったといえるのでしょうね。
 私の指名馬はまだデビューしていない馬が4頭もいます。何だコレ?
 他の皆様がうらやましいです。


 明日は阪神競馬場で、 第18回アーリントンカップ(G3) が行われます。
 しかし、本命予定だったホッコータキオンが屈腱炎のために長期休養を余儀なくされ、このレースを回避することになってしまいました。そのため、このレースは私にとっては完全にケンのレースです。
 簡単に私の見解だけ載せておきます。

 人気になりそうなところでは、スーニとミッキーパンプキンはお勧めできません。

 スーニはダート戦しか走ったことが無いにもかかわらず、他馬よりも1キロ重いハンデを背負って出走することになります。G3戦ということもあり、メンバーも楽とはいえません。ここは消しです。

 ミッキーパンプキンの2勝はどちらも逃げ切りですが、どちらも上がりのタイムが早く、逃げ馬にとって楽なペースでした。今回は隣に同じく逃げて2勝しているジョーメテオがいるため、そんなに楽な逃げは打てないでしょう。むしろ私だったら人気になりそうに無いジョーメテオの方を買います。

 あとは、前走を除くと連対率100%のダブルウェッジや、以前までは勝ちきれない競馬が続いていながら、前走を後方一気の追い込みで勝ったキングスレガリアあたりから買うのが面白いのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

無料オンラインRPG 「やるおクエスト」

 登場するキャラクターは、アスキーアートで有名なキャラクターや、ボーカロイド、東方など多岐にわたっています。
 私はこれらのキャラクターについてはそれほど詳しくありませんが、十分楽しむことができました。特に後半になるにつれて面白くなっていた感じです。

 このゲームをプレイしたい方は下のリンクをクリック↓

 やるおクエスト


 攻略についてはここには書きませんが、一つだけ伝えておきたいことを残しておきます。

 「最初はつまらない、クソゲーだと感じるかもしれないけれど、やっていくうちに面白くなっていくから、投げ出さないで!!」

 これは、このゲームに対して私が感じた率直な感想です。

 本当はもっと書きたいことがあるのですが、ネタバレになるのでここまでで。
 興味のある方はプレイしてみてくださいね。

テーマ : PCゲー - ジャンル : ゲーム

パチスロ好きもゴエモン好きも、まとめてかかってこい!

 タイトルには威勢の良いことを書いていますが、私はパチスロをやりません。
 ならばなぜここでこの動画を紹介するのか… 

 それは、私は根っからのゴエモンゲーム好きだからです。パチスロは良く分かりませんが、ゴエモンシリーズのゲームについてであれば、それなりに語れます。


 がんばれゴエモンのパチスロ紹介、ロングバージョン



 上の動画のショートバージョン



 同じ形式でyoutube版も載せておきます。



 同じく、youtube版のショートバージョン



 スロットのアクションやBGMに、いろいろなゴエモンシリーズのゲームの要素が盛り込まれています。その中では「でろでろ道中おばけてんこ盛り」のシーンが特に多く使われているようです。
 でろでろ道中の「サンシロウ(魔人城のBGM)」や、きらきら道中の「ウオッタ街道」のBGMなんかを聴くと体が反応してしまいますw (←分からない方には申し訳ありません…)

 それにしても、何度見てもゴエモンがカッコ良すぎるぜ…
 でも、声が以前とは違ってしまっていることと、ヤエちゃんの出番が少ない気がすることが少々残念です。

 パチスロの知識は皆無なので、ゴエモンのゲームのことばかり書いていますが、ゴエモンのパチスロについて詳しく知りたい方は下のリンクを参照してください。私には難しくてよく分かりませんが↓

がんばれゴエモン パチスロ


 パチスロで新しい機種が出るのも良いことだと思いますが、どうせなら、そろそろコナミが新しいゴエモンシリーズのゲームを出してくれたらなあなんて思います。

テーマ : パチスロ - ジャンル : ギャンブル

バイオハザード(GC版) 息抜き実況プレイ 完結

 私のリンクリストにもブログをリンクさせていただいているゲームプレイ実況者である、チロりんさんの実況プレイ動画の1つが完結したので、紹介しておきます。
 動画は外部からの視聴ができない設定になっていましたので、下のリンクから飛んで視聴してください。 






 この方は、この動画をあげる以前には、バイオハザードシリーズのゲームをプレイしたことが一度もありませんでした。
 そのため、動画の最初は、キャラクターをまっすぐに進ませることすらままならない状態だったのです。
 しかし、進んでいくうちに少しずつ成長しているのが分かり、やっぱりこの方はゲームのセンスがあるなあと実感させられました。特に謎解きの際の頭の回転の早さには脱帽です。
 
 ここでは初回の動画だけを紹介しておきますが、良かったら続きも見てみてくださいね。

 ちなみに、私はホラーゲームは一切プレイしたことがありません。おそらく今後もプレイすることはないでしょう。なぜなら私はお化け屋敷や肝試しが大の苦手だからです。
 ホラーゲームを自分でプレイするのは怖くてできないので、こういう実況プレイを見て楽しんでいるわけですw

 動画を見て、このゲームをやりたくなったという人が増えてくれるのが1番良いことなのでしょうが、楽しみながら見てくれる人がたくさんいるのであればそれで十分ですよね。

テーマ : 実況プレイ - ジャンル : ゲーム

ゲーム好きの方は是非!

 昨日の夜からなのですが、ブログのリンクを1つ追加しました。

 まるきゅ~さんという方が開設している、「まるきゅ~の退屈な日々。」というブログです。

 まるきゅ~さんは、リンクリストにある私のもう1つのブログである、「nicenatureの入着止まりな生活」の方でよくお世話になっている方です。
 今はちょっと忙しくなってしまっているので休止しているのですが、4択クイズや聖剣伝説2のプレイ日記などに多くのコメントを残してくださいました。特に、4択クイズでは20問ほどの問題に回答して下さっているのですが、その全てで正解を出しているのです。これは並みのことでは無いと思います。

 クイズだけに留まらず、いろいろな物事に対する対応の仕方などを見ていると、相当頭の切れる方だなあという印象を私は持っています。そして芯のシッカリした方のような気がします。
 あくまで私の勝手なイメージですけどねw

 ブログの内容は、ゲームのことが主になっているようです。私は詳しいことは分からないのですが、東方やテイルズ、夢世界といったゲームやオンラインゲームに興味がある方には楽しんでいただける内容になっていると思います。
 興味のある方は是非のぞいてみてくださいね。

 こちら↓
 まるきゅ~の退屈な日々。

 リンクリストにも入れていますので、そちらの方からでも飛ぶことができるようになっています。

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

現地よりフェブラリーステークス観戦

 今日、東京競馬場で行われたG1レース、「フェブラリーステークス」を現地で観戦してきました。

 レース映像はこちら↓
 第26回フェブラリーステークス

 写真は現地で撮影してきたものです。どれもレースが確定してから撮影したものですが、それについてのツッコミは無しでw

 1枚目、今日のフェブラリーステークスの3コーナーから4コーナーへ向けての映像です。エスポワールシチー(12番)が良いペースで引っ張っています。
20090222190010



 2枚目、ゴール直前の映像です。逃げたエスポワールシチー(12番)をカジノドライヴ(14番)とカネヒキリ(2番)が捕らえにかかり、その外からサクセスブロッケン(15番)がこれらをまとめてかわしていきました。
 結果的には前に行った組で決着しました。しかし、レコードタイムでの決着ということを考えると、前に行った組が楽な展開だったとも一概には言えないだけに、このレースで上位に入線している馬たちは本当に強いと思います。
20090222190014



 3,4枚目、第26回フェブラリーステークスを制覇したサクセスブロッケンを前と後ろから撮影したものです。 
20090222190018


20090222190016



 このレースは、ダートの新旧世代交代を告げる結果となった気がします。私もこうなると思っていたのでエスポワールシチーを自信の本命としたのですが、結果は4着でした。
 そして、勝ったサクセスブロッケンは無印でした。やはり私は馬を見る目がありませんね…。

 馬券もエスポワールシチーからの馬連を中心に買っていたので的中しませんでした。でも、レースそのものは面白いものだったので現地まで見に行った意味はあったと思います。

 でも、東京競馬場で行われるG1レースの割にはお客様の数が少なかった気がします。ダートのレースも芝のレースと同じくらい盛り上がって欲しいものです。

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

第26回 フェブラリーステークス(G1) 予想と根拠

 ◎ エスポワールシチー
 ○ カネヒキリ
 ▲ フェラーリピサ
 △ ヒシカツリーダー
 △ カジノドライヴ
 △ ヴァーミリアン
 注 バンブーエール、ナンヨーヒルトップ



 本来はダイワスカーレットが参戦する予定だったこのレース、この馬が出てこれなくなってしまったことによってどんな結果が待っているのでしょうか?

 ◎ エスポワールシチーは、展開的なことを考えると、おそらくダイワスカーレットがこのレースに出走しないことによって最も大きな恩恵を受けている馬だと思います。枠も6枠12番と外目に決まり、すんなり逃げることができそうです。
 この馬はダート戦を使い始めてから4連勝です。前走で連勝は途切れてしまいましたが、その前走も、逃げて上がり3ハロン36.0秒でまとめての2着だったので、負けて強しと言える内容でした。
 3走前の錦秋ステークスは今回と同条件のレースですが、このレースのタイムは破格です。今回はこの時よりも斤量は2キロ増えていますが、このレースのようなペースで走れれば勝機は十分です。

 ○ カネヒキリは、当初◎にする予定でしたが、1枠2番という内枠に入ってしまったため、○に落としました。
 3年前のこのレースを勝っており、距離&馬場適性は問題ありません。目下のところダートG1を3連勝中でもあり、このメンバーの中では実力・勢い共に一番です。
 ただ、配当的な妙味の薄さと、内枠スタートで包まれてしまう恐れを考えると、本命にはしづらいと思いました。

 ▲ フェラーリピサは、休養をはさんで目下のところダート戦6連続連対中で、重賞を2連勝中と勢いがあります。その6戦は全て中~外の枠からのスタートで連対しているので、今回の大外枠はこの馬にとってプラスでしょう。鞍上の岩田騎手もこの馬との相性が良いようですし、何気にダートG1は初出走となる同馬ですが、いきなり勝ってもおかしくはありません。

 △ ヒシカツリーダーは典型的な上がり馬です。前走は初の東京コースということで私は軽視してしまいましたが、どちらかというと前残りの展開であったにもかかわらず追い込んで2着に入りました。
 東京コースも問題ないことが証明されましたし、人気もそれほどないので無欲の追い込みが見られそうです。あとは、近走は1200~1400メートルのレースを使われてきているので、距離を克服できるかがカギとなりそうです。


 ここから下の△の2頭は本来は消す予定でしたが、枠順を見ていれざるを得ないと思いました。本当はバンブーエールとナンヨーヒルトップを△の2頭にする予定でした。

 △ カジノドライヴは明らかに過剰人気となりそうだったので切る予定でした。実際、前日発売ではヴァーミリアンを差し置いてまさかの単勝2番人気となっています。
 しかし、前走の中山1800メートル戦の1分49秒9というタイムはかなり優秀です。中山コースでこのタイムが出るというのは、時計勝負という意味ではこのメンバーでも引けは取りませんし、初の1600メートル戦でも問題はないでしょう。東京コース共に初となりますが、アメリカで2勝していますから左回りはむしろ歓迎材料のような気がします。外枠に入ったのもプラスでしょう。
 ただ、過剰人気に加えて、日本での実績が足りないことと、次走のドバイワールドカップに目標を置いている感があることを考慮すると、印は回しますが積極的に買いたいとは思いません。

 △ ヴァーミリアンは去年のこのレースの覇者ですが、最近のレース振りを見る限り1600メートルよりも長い距離の方が合っているような気がします。今年はドバイどころか川崎記念にも出走してこなかったというのもちょっと疑問です。
 ただ、少し前に問題になっていた追いきりの延期はそれほど問題のないものだと私は思っています。翌日にちゃんとタイムを出していますし、この馬自体は調教駆けしないタイプですから。
 実績を考えるとカジノドライヴよりも人気がないというのはおかしなことですし、印は回しておきます。

 注 バンブーエールの前走は、59キロのハンデが何よりもきつかったと思います。それで5着であれば及第点でしょう。
 サンライズバッカスとこの馬以外は前走と据え置きor斤量増という中で、この馬の2キロ減というのは魅力です。思ったよりも内枠に入ってしまったことと、1600メートルという距離がカギとなりますが、人気がナメられすぎている (前日発売で単勝36.2倍) 気がするので、高配当を狙いたい方はどうぞ。

 注 ナンヨーヒルトップは、今回と同条件となる、4走前の秋嶺ステークスの内容が素晴らしいです。前走の根岸ステークスは最内枠のスタートから中途半端な競馬になってしまい、不完全燃焼だった感があります。今回はもう少し外枠だったら厚めの印を打ちたかったのですが、3枠6番ということでこの印となりました。
 ちなみに、この馬は前日発売で単勝121.2倍という超大穴馬です。こちらも高配当を狙いたい方向けですね。


 いつもよりもさらに長い予想理由となっていますが、それだけ私がこのレースを楽しみにしているということです。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

今週のPOG出走馬(ラターシュなど)

2月21日(土)
京都5レース 未勝利戦 ローズバンク I.S氏指名
京都6レース 500万下 ラターシュ Y氏指名

2月22日(日)
小倉3レース 未勝利戦 ウインスカイハイ Y氏指名

 今週は出走頭数も少なく、大きなレースに出る馬もいませんね。


 明日は東京競馬場ではクイーンカップ(G3)、京都競馬場では京都記念(G2)が行われます。
 しかし、私は明日は朝早くから出かけなければいけない上に、いつごろ帰ってこられるか分かりません。明日の競馬を見ることはおそらくできないでしょう。
 そういうわけで、明日の重賞予想はお休みにさせていただきます。クイーンカップはミクロコスモス、京都記念はサクラメガワンダーと10歳馬のシルクフェイマスに注目です。シルクフェイマスってまだ現役なのか…。

 明後日のフェブラリーステークス(G1)の予想はすでに決まっていますが、明日の夜か明後日の朝にブログに載せます。


テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

アサカディフィート・石山繁騎手・シルクアンシエルの引退

 ダイワスカーレットのフェブラリーステークス回避~引退という話題で持ちきりとなった先週~今週の初めの競馬でしたが、先週はこの他にも結構ニュースがありました。
 知名度の高いと思われるものから順に、3つだけ紹介しておきます。


1.アサカディフィートの引退

 本来であれば、先週のトップニュースとなってもおかしくないようなニュースです。そのくらいこの馬にはファンがたくさんいたことでしょう。

 私が最後にこの馬に関する馬券を購入したのは2007年のアンドロメダステークスでした。あの日はジャパンカップを見に行くために東京競馬場へ行っていたのですが、アサカディフィートがアンドロメダステークスに出走していたことを競馬新聞を見てはじめて知ったので、急遽馬券を購入することに決めました。2006年のこのレースの覇者でしたからね。
 結果、この馬は見事1着だったのですが、2着のトウカイエリートを買っていなかったので馬券はハズレでした。単勝にしておけばよかったのか…。
 小倉大賞典3連覇も見てみたかったですが、結果は殿負けで、これが引退レースとなってしまいました。でも11歳まで本当に息の長い活躍を見せてもらいました。何気に現時点でのパラダイスクリーク産駒の稼ぎ頭ですからね。本当に馬主孝行なお馬さんでした。
 これだけ長い間活躍したのですから、余生をゆっくり過ごして長生きしてもらいたいですね。


2.石山繁騎手の引退 

 2月12日にJRAのホームページから正式に発表されました。

 石山 繁騎手が引退、情報元はこちら

 2007年2月24日の障害オープン戦で、サフランブリザードという馬に騎乗して落馬したのが最後のレースとなってしまいました。ちなみにこの馬は、その前のレースでも落馬しています。
 石山騎手はこのレースでの落馬によって脳挫傷を起こし、復帰を目指していましたが夢はかないませんでした。

 石山騎手というと、サイコーキララとのコンビのイメージが強いです。2000年の桜花賞では1番人気に推されていました。人馬ともに初のG1勝利という形になってほしかったのですが、結果は4着で、サイコーキララ自身もこれ以降は勝ち星を挙げられませんでした。
 石山騎手はその後、2005年にフミノトキメキで小倉サマージャンプを制しましたが、若いときほどの活躍はできていなかった気がします。この騎手は若いときの無礼な振る舞いや、練習不足の騎乗などで問題も起こしていましたが、実際に引退となってしまうと悲しいものですね…。


3.シルクアンシエルの引退

 このニュースは大手スポーツ誌の記事には全く載っていなかったのですが、いろいろな方のブログを回ってみて初めて知りました。耳の早い方は2月4日の時点でこのニュースを知っていたようです。

 2006年生まれの競走馬には、アラシヲヨブオトコ、ハシッテホシーノ、ウマザイルなど珍しい名前の馬が多いですが、そんな中で1頭の競走馬が引退してしまいました。それがシルクアンシエルです。

 シルクアンシエルは、父:ネオユニヴァース 母:タキノサンライズという血統の2006年生まれの競走馬です。
 父のネオユニヴァース自体が、ラルクアンシエルの曲の名前から取った名前なので、馬主がシルクということと引っ掛けて、この馬名に決まったのでしょう。

 この馬は、デビュー4戦目となる船橋競馬場の交流戦で圧倒的な1番人気に推されながら3着と敗れ、レース後の精密検査で左前脚屈腱不全断裂が判明し、競走能力損失となってしまいました。

 通算成績は4戦0勝、2着2回、3着1回です。クラシックは厳しいとしても、オープンクラスに上がる実力は十分にあったと思います。珍しい馬名であったこともあり、引退がなおのこと残念に思います。


 最近はこんな競馬ニュースもありましたよということで、3つだけ載せておきました。

 ※19日の夜に書いた記事から、タイトルだけを変えています。

テーマ : 中央競馬 - ジャンル : ギャンブル

ドラクエの呪文を再現してみたら…

 この人、体を張りすぎですw 明らかにシャレでは済まない呪文もありますね…。
 だからこそ面白い動画に仕上がっているのですが。

 個人的にはルーラが好きです。

 
 

テーマ : ▼ゲームの話 - ジャンル : ゲーム

チチカステナンゴとはどんな種牡馬?

 ダイワスカーレットの引退が、JRAから正式に発表されました。
 今後は社台ファームで繁殖牝馬となります。そして、すでに初年度の交配馬が決まっているようです。

 その馬とは、チチカステナンゴ (Chichicastenango) という種牡馬です。皆様はこの馬のことはご存知でしょうか?
 私は知らなかったので、先程調べてみました。

 血統としては、父系がグレイソヴリン~カロの系統で、母系がノーザンダンサーの系統です。
 分かりやすく言うと、現役で4勝、2007年のフローラステークスで2番人気にまで推されたランペイアの半兄です。
 こういう血統ですから、サンデーサイレンス系の繁殖牝馬と交配させるのには向いているといえます。
 ダイワスカーレットは父系がサンデーサイレンス系で、母系がノーザンダンサー系なので、ノーザンダンサーのクロスが発生することになりますね。

 チチカステナンゴは、昨年の暮れに種牡馬としての供用先がフランスから日本 (社台スタリオンステーション) に変わりました。
 この馬は現役時代、パリ大賞典(仏GI)、リュパン賞(仏GI)など通算14戦4勝。種牡馬として仏ダービー馬ヴィジョンデタ(Vision d'Etat)などを輩出し、08年度仏総合種牡馬ランキングでは4位に入っています。2009年の種付け料は250万円だそうです。
 しかし、フランスで活躍馬を出している種牡馬は、日本ではあまり活躍馬を出しているイメージが無いのが気がかりです。

 こういう馬とダイワスカーレットが交配するというのは、やや博打的な感じがしますね。
 そして、チチカステナンゴからすれば、まるで超大物女優と結婚したような気分なのではないでしょうか。

 浅屈腱炎によってダイワスカーレットが引退してしまったことはもちろん残念なことですが、現役時代に12戦8勝で、うちG1を4勝、連対率100%という素晴らしい成績を残したのです。成績にほとんど傷がつかなかったという意味では良かったのかもしれません。
 一応、怪我をしたことが良かったという意味ではないので勘違いしないでください。

 これからは繁殖牝馬としてよい仔を…そして健康な仔を出してほしいと思います。

テーマ : 競馬情報 - ジャンル : ギャンブル

サイトとブログ1つずつをリンクに追加しました

 1つ目は、「伝説のスターブロブ2」というサイトです。

 私は去年の2月頃に管理人の雫月さんのことを知ったのですが、この方の存在を知ってから、私の生活は大きく変わりました。
 まず、雫月さんを知らなければこのブログも、リンク先のもう1つのブログである「nicenatureの入着止まりな生活」も開設することはありませんでした。 
 これ以外にも去年から私はいろいろと雫月さんの影響を受けているのですが省略で。 一応、これは決して悪いことではないです。 
 雫月さんは私に生きる希望を与えてくれた方といっても過言ではありません。おそらく今よりももっと地味な生活を送っていたでしょうし、引きこもりが加速していた恐れもあります。私は感謝しっぱなしです。
 ただ、ちゃんとした理由があってこの方の行動を否定したこともあります。まあ、完璧ではないところに人間味があってまた良いのですけどねw

 こんな事ばかり書いていると、頭がイッているんじゃないかとか思われそうですw
 でもこれは、普段の生活でもしょっちゅう言われていることなのでまったく構いませんよww


 2つ目は、「続☆ちんちろりん的な日常」というブログです。

 このブログの開設者のチロりんさんは、ドラクエ7・8、バイオハザード、ピクミンなど多くのゲーム動画をニコニコ動画にあげているのですが、編集能力の高さや、ゲームの世界に入り込んでいるようなトークがとても良いです。
 また、動画の最初に前回の動画のまとめや解説を喋ってくれる所が個人的には好きです。

 ただ、私はこれだけではブログをリンクしようとは思いません。リンクしようと思ったわけは、チロりんさんの動画の荒らしていると思われるコメントをしている方や、コメントをするごとにお前は見るなという感じで見放されている方に対する対応が素晴らしかったことにあります。

 ブログのコメントや、動画のコメントを全て読み、メールなどを駆使してそういう方と連絡を取り、ちゃんと意見や考えを聞いて問題解決に導くということはなかなかできることではありません。おそらく私には出来ないことでしょう。
 ニコニコ動画に動画を上げている人の中にも、荒らしコメントなどによって潰されてしまって動画をあげるのをやめてしまう人が多いという話をよく聞きますが、これは仕方の無いことでもあります。動画をあげるのをやめろというコメントが増えてくると、動画うpをしたくなくなってしまう人の気持ちは私も良く分かりますからね。
 私はチロりんさんからは、どんなに難しい問題にぶつかったとしても、親身になって話を聞いてみれば問題を解決したり、問題を抱えている人を助けたりすることが出来るということを学びました。

 この方は私よりもずっと大人です。というか、私とこの方を比べることが間違っていますね。私も社会人になる上でこの方の行動は見習わなければなりません。


 雫月さんのサイトと、チロりんさんのブログのリンクは、ブログ記事左のリンクリストに入れておきましたので、良かったら見てみてくださいね~。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

第59回 ダイヤモンドステークス (G3) 予想と根拠

 ◎ モンテクリスエス
 ○ ベンチャーナイン
 ▲ フローテーション
 △ トウカイエリート
 消 オープンクラスに上がっていない人気馬


 3400メートル戦という長丁場でありながら、メンバーを見ると意外と先行馬が揃っています。サケダイスキ、ドリームフライト、ビービーファルコンあたりが逃げることになるのではないでしょうか。
 やや速い流れになりそうなので、差し馬を中心にした予想を立てたほうがよさそうです。

 ◎ モンテクリスエスは3000メートル以上の距離は初ですが、今までのレースはどんな距離を使ってもズブイ感じがぬぐいきれませんでした。こういうタイプは長い距離こそ合っているはずです。
 また、この馬がハンデ53キロというのは相当恵まれています。530キロ前後で走っている同馬には軽すぎるくらいです。成績が安定しているという強みもあるのでここは本命にします。2着の多い馬なので連軸の方が良いと思います。

 ○ ベンチャーナインはここ最近は長い距離を中心に使われてきています。スタミナに自信があるからこそのローテーションだと思います。今回はプリンシパルステークスで大穴をあけた東京コースに変わり、鞍上もその時の武士沢騎手に戻りました。前走は有馬記念ということで十分度外視できますし、完全な追い込みタイプということもあってかなり期待できそうです。

 ▲ フローテーションはおそらく最後までこのレースの1番人気でしょう。脚質は逃げ・差し自在なタイプです。ただ、今回のレースは前にいくとつぶされてしまうかもしれません。能力そのものはこのメンバーではトップだと思いますが、東京コースはダービー8着でしか経験していないため、コース適性は良く分かりません。そういう危険もあり、▲に評価を落としました。

 今回は上の3頭だけで足りる気がします。

 △ トウカイエリートは前走の万葉ステークスでは人気を裏切りましたが、これは+20キロという馬体重に原因があったと思われます。前々走のステイヤーズステークスでは人気薄ながら3着に好走しており、長距離適性は十分です。前走の凡走のために人気を大きく落としている気がするので、高配当を狙いたい方には面白い馬だと思います。ただ、絞れていないのでしたら切って構わないです。

 消 オープンクラスに上がっていないにもかかわらず、結構人気しそうな馬が何頭かいるのですが、そういう馬に対して悩んでいるとキリが無いので、今回はスパッと切ります。エーシンダードマン、スノークラッシャー、ウォーゲームあたりです。


 ちなみに、京都メインのきさらぎ賞の本命はベストメンバーの予定ですが、こちらはあまり自信がありません。
 なので今日はこちらの予想は控えさせていただきます。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

国生さゆり 「バレンタイン・キッス」

 今日はバレンタインデーでした。ということで、この曲です↓




 このシングル曲は1986年に発売されました。もう23年も経っているのですね。これだけ経っても幅広い年齢層の方に知られているというのは名曲の証です。


 ちなみに私の今年のバレンタインは…… 聞かないで下さい。

テーマ : 今日の1曲 - ジャンル : 音楽

今週のPOG出走馬(ゼットサンサンなど)

2月14日(土)
東京4レース 未勝利戦 アポロライラ I.J氏指名
東京5レース 未勝利戦 アーリンダル 入着止まり指名
京都5レース 未勝利戦 ディバインフレイム M氏指名
京都6レース 新馬戦 プルシアンオリーブ I.J氏指名

2月15日(日)
東京6レース 500万下 ネオレボルーション I.J氏指名
〃            アプレザンレーヴ I.J氏指名
東京9レース ヒヤシンスステークス(OP) ゼットサンサン Y氏指名

 今週の出走馬7頭のうち、4頭がI.J氏の指名馬です。現在1位のI.J氏がさらに差を広げるのでしょうか?
 また、プルシアンオリーブが新馬戦に出走することによって、I.J氏の指名馬は10頭全てPOG期間内にデビューをすることができたことになります。これはすごいですね。うらやましいですよ。
 私の指名馬はまだデビューしていない馬が4頭もいるのですが…

 また、今日・明日は全国的に天気が悪そうなので、人気どおりに決まらないレースも多くなるかもしれませんね。

テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

めざましテレビソング(3曲)

 フジテレビ系列で放送されている情報番組、「めざましテレビ」でアナウンサー達が歌った曲です。

 K&T 「君の好きなヒト」




 K&T 「悪だった男(ヒト)」




 T.N.T.「約束の空」




 この中で1番売り上げ枚数が多かったのは「君の好きなヒト」だったと思います。
 でも、私がこの中で1番好きなのは「約束の空」です。この曲は以前使用していた携帯電話にチャクメロとして入れていたとかいないとか…入れいていたならいたと言いなさい!
 聴いていて元気の出る曲ですよね。そしてみんな意外と歌がうまいです。

 この時は、フジテレビだからこんなことが出来るんだろうなあと思っていたのですが、最近は他のキー局でもアナウンサーがユニットを組んで曲を作っていることもあるようですね。日本テレビの女子アナウンサーがCDデビューするらしいです。名前は忘れましたがw

 でも、CDデビューも大いに結構なことですが、アナウンサーの本分も忘れないで欲しいと思います。
 

テーマ : フジテレビ - ジャンル : テレビ・ラジオ

ドラゴンクエスト1・2

 ★ローマ数字は表示されない場合があるようなので、アラビア数字で表記しています。

 かなり久しぶりのゲーム紹介です。まあ、紹介するまでもないゲームのような気もしますが。

 ファミコン版よりもかなりやさしいのだとか

 1993年に当時の「エニックス」から発売されました。

 ドラゴンクエスト1・2というと、現在はFC版・SFC版・GB版・携帯版とありますが、私が持っているのはこの中で2番目に古いSFC版だけです。そのため、他のバージョンについては良く分かりません。

 ドラゴンクエスト1では、プレイヤーがやられたときの表示である、

 「あなたは、しにました」

 というメッセージが印象的です。私は、死んだのか… という感じがするのですよ。
 あとは、主人公の名前によって、初期能力や成長の仕方が違うというのは、さすがにプレイ中には気がつかないですよね。全クリ後にサイト等で調べてはじめて知りました。
 まあ、良い能力値の主人公にするために名前を変えたりとかはする気になりませんけどね。そんなことをしても愛着が湧かないので。

 ドラゴンクエスト2は、私の場合はなぜかムーンブルクの王女よりもサマルトリアの王子の方が死にやすかった記憶があります。どうしてなのかは良く分かりませんが。
 世界樹の葉のイベントと、最後の方のダンジョンの敵が鬼畜だったことが印象的でした。
 全員のレベルを最高にするまでやりこんだこともあるゲームです。
 ちなみに、3人の最高レベルはみんな違います。終盤のサマルトリアの王子の能力の上昇値が予想していたものとはかなり違っていたことを良く覚えています。

 ドラクエシリーズは、ゲームの機種を問わなければ1~7までクリア済みなので、ある程度の知識は持っているつもりです。それ以降はほとんど知りません。
 また、ドラクエ8は就職先が決まったら購入してプレイするかもしれません。安く手に入りそうですから。

テーマ : ドラゴンクエスト - ジャンル : ゲーム

メールフォームの設定

 先程、メールフォームを設定しました。

 これを設定すると、私が直接メールアドレスを教えなくても、相手の方は私とメールで連絡を取れるようになります。
 まあ、ほとんど連絡が来ることはないと思っていますけどねw

 何か私に連絡をしたいことなどがありましたら、メールフォームから送っていただけるようにお願いいたします。

 それにしても、ここでブログを開設してからもうすぐ3ヶ月になるのに、どうして今まで設定していなかったのだろうか…。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

竹橋 ○○新聞社前

 今日は就職活動の説明会へ参加するために、こんな場所へ行ってきました。

竹でできていたこともあったのだろうか?


 竹橋です。名前の由来が気になるところですが、諸説あるようで、はっきりとはしていないのだとか。


 竹橋の上から撮影した写真がこちら↓

清水濠の上に架かっているらしい


 近くに高速道路が通っていることもあり、いかにも東京の風景という感じがします。
 
 今日の説明会の感想については、リンク先の 「nicenatureの入着止まりな生活」 の方に後日載せておきます。私的には今日の説明会はとても有意義なものでしたよ~。

テーマ : 就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル : 就職・お仕事

第43回 共同通信杯 (G3) 予想と根拠

 ◎ プロスアンドコンズ
 ○ トーセンジョーダン
 ▲ メイショウパルマ
 △ ブレイクランアウト
 △ マッハヴェロシティ
 △ ショウナンアルディ
 注 シングンレジェンド


 今回は自分の中で完全に消せそうな馬がいなかったので、消印は無しにしました。

 ◎ プロスアンドコンズはここ2戦人気を裏切っていますが、今回は東京コース・距離が前走よりも短縮・鞍上がデムーロに乗り替わりと、明らかに前走よりも条件が良くなっています。かつてはロジユニヴァースと同等の評価をされた馬でもあり、この条件で凡走するようではクラッシックは厳しいといわざるを得ません。ただ、末脚が届かないという場面も想像できるので、頭からというよりは連軸です。単賞がちょっと売れすぎている感もありますし。

 ○ トーセンジョーダンは私は1番人気になると思っていました。しかし現在は3番人気と思ったほど人気をしていません。おそらく東京コースを1度も経験していないことと松岡騎手への乗り替わりが原因でしょう。しかし、本馬は現在3連勝中と、勢いはこのメンバーでは一番です。人気どころの多くが差し・追い込み馬である中で、この馬は前につけることができるので大崩れをすることはあまり考えられません。

 ▲ メイショウパルマは今回私がイチオシする穴馬です。現在単勝9番人気で40.6倍です。この馬は前2走は中山コースで差が決まりませんでしたが、今回は新馬戦を勝った東京コースに舞台が戻りました。新馬戦の内容を考えると、このメンバーでも1発があっても不思議ではありません。配当的な妙味もあり、▲まで引き上げます。

 △ ブレイクランアウトは東京コースに戻るのは確実にプラスです。東京スポーツ杯も強い競馬で2着を確保しました。ただ、レース振りを見ると掲示板は堅そうですが勝つまで至るかというと疑問が残ります。今回も1番人気ということもあり、△にとどめます。

 △ マッハヴェロシティは前2走は内に入れたことによる他馬やラチとの接触という不利がありながら、どちらのレースも大崩れしていません。今回は8枠14番という外枠に入ったこともあり、無視するわけにはいかないでしょう。

 △ ショウナンアルディは前走の中京2歳ステークス2着の内容をどう考えるかで評価が変わってきそうな馬です。このレースをかったメイショウドンタクは逃げ切り、この馬から4着馬までは追い込みと、評価の難しいレースでした。ただ、新馬戦を東京コースで勝っており、東京&左回り適性は十分です。切るのは怖かったので私は印を回しました。

 注 シングンレジェンドは個人的に気になっている馬です。人気どころに差し馬が多い今回のメンバー構成は、新馬戦を速い上がりで逃げ切っているこの馬にとっては有利に働くと思います。
 1つ上の全兄・シングンリターンズは昨年のこのレースで15番人気ながら4着と好走しました。このエピソードも気になる要素です。単勝万馬券という超人気薄馬なので、超高配当を狙いたい方は買ってみても面白いと思います。

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

今日はレースを絞って

 今日の重賞レースは、東京では共同通信杯(G3)、京都競馬場ではシルクロードステークス(G3)が行われます。
 で、予想なのですが、正直シルクロードステークスは馬券を当てられるような予想ができる気がしません。そのため、今日は共同通信杯に絞って予想を立てるつもりです。

 共同通信杯の詳しい予想は後で新しく記事を立てて載せますが、本命はプロスアンドコンズとすでに決まっています。
 単勝がちょっと売れすぎているので買うなら連軸関係でしょうね。

 それでは、後ほど。

テーマ : 競馬 - ジャンル : ギャンブル

本当に大きなハナ差

 今日の京都第6レースの500万下では、私のPOG馬であるマナクーラが、デムーロ騎手の好騎乗によって勝利をつかむことができました。
 正直に言って、私はこのレースに勝てるとは思っていませんでした。他の戦法ではおそらく勝つことはできなかったでしょう。デムーロ様様です!
 ただ、馬体が増えていなかったことと、今回のレースぶりを見る限り、これよりも上を目指すのであればかなりのステップアップが必要な気がします。


 そして、京都9レースのエルフィンステークスですが、ワイドサファイアはハナ差の2着でした。

 同着にして欲しい…そう思わずにはいられないくらい小さなハナ差でした。

 しかし、桜花賞への道が大きく狭まったという意味では非常に大きなハナ差です。果たして桜花賞にこの馬は出走が出来るのでしょうか?
 桜花賞を目指すのでしたら、次走はフィリーズレビュー (G2 阪神芝1400メートル) になるでしょう。チューリップ賞は同厩のジェルミナルブロードストリートが出走しますからね。
 もしかしたら、桜花賞はあきらめて自己条件戦を使ってくるかもしれません。桜花賞で見てみたいという気持ちももちろんありますが、それはそれで良いことでしょう。


 実は、今日のマナクーラもワイドサファイアは両方とも福永騎手からの乗り替わりだったのです。今回の結果を見て、私は福永騎手の実力に疑問を持ちました。
 明日の共同通信杯に出走するプロスアンドコンズも福永騎手からの乗り替わりですから、良い結果になるのかもしれませんね。鞍上はマナクーラと同じデムーロ騎手ですし。

 今日のエルフィンステークスの結果がちょっとショックだったので (ある意味で惨敗よりもショックでした) 小倉大賞典は予想する気になれませんでした。
 まあ、気合を入れて予想したとしても、勝ったサンライズマックスには印を回すつもりはありませんでしたがw

 一応、今日の2鞍で、POG上位との差が少しだけ詰まりました。明日の新馬戦のトップモーションに期待することにします。

テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

今週のPOG出走馬(プロスアンドコンズなど)

 今週は個人的に楽しみなレースが多いので、POG出走馬全部に短評をつけていきます。

2月7日(土)
京都6レース 500万下 ワールドカルティエ M氏指名
〃             マナクーラ 入着止まり指名

 このレースは7頭立てと少頭数ですが、2400メートル戦は全馬未経験ということで、波乱も考えられそうです。でも、さすがにヤマニンウイスカーは3着以内には入るかな。
 ワールドカルティエ…レース振りを見る限り、後方待機策では限界ありそうです。スローペース必至のレースなので、前に行けば勝機もあるでしょう。
 マナクーラ…この馬はスタート加速があまり良くないようで、いつも中団~後方のレースになってしまっています。この弱点を、距離延長とデムーロ騎手への乗り替わりで克服できるように期待します。


東京9レース 春菜賞(500万下) ココナッツパルム I.J氏指名

 ココナッツパルム…前走の4コーナーからの失速ぶりを見る限り、距離短縮は歓迎でしょう。新馬戦を制したコースですし、見直しは当然必要です。
 マイティースルーが強敵でしょうか。


京都9レース エルフィンステークス(OP) ワイドサファイア 入着止まり指名

 ワイドサファイア…ここ2戦、人気を裏切る結果が続いていますが、今回は鞍上が福永騎手から岩田騎手に乗り替わりました。私は岩田騎手の方が追えるタイプだと思っていますので、巻き返しに期待です。今年は岩田騎手に牝馬の有力馬っていたかなあ?
結構粒ぞろいのメンバーですが、一流どころはいない気がします。レッドディザイアが強敵でしょうか。


2月8日(日)
京都2レース 未勝利戦 ディアロックオン M氏指名

 ディアロックオン…前走と同条件で・ルメール騎手・連闘と、必勝を期してここに挑んできた感があります。前走のように前で競馬が出来れば勝負になるでしょう。リュクスールが強敵です。


小倉4レース 未勝利戦 ウインスカイハイ Y氏指名

 ウインスカイハイ…去年の10月5日以来のレースになりますが、使いつめていたことを考えるとこの放牧は正解でしょう。実績はこのメンバーならば断然ですし、相手になりそうなのはイネオレオくらいでしょうか。


東京6レース 新馬戦 トップモーション 入着止まり指名

 トップモーション…前走の除外のために、1週遅れてのデビューとなりました。本来ならば内田騎手は他の馬に騎乗する予定だったのですが、この馬に騎乗するということは、内田騎手がこの馬を選んでくれたことになります。これは期待です。
 先日、半兄のアドマイヤメインの引退が発表されたこともあり、この馬にはアドマイヤメインのぶんもがんばってもらいたいです。


 東京11レース 共同通信杯(G3) プロスアンドコンズ I.S氏指名

 プロスアンドコンズ…この馬は近走後方からの競馬で伸びきれずに人気を裏切る結果が続いていますが、今回は鞍上強化・直線の長い東京コースと条件が好転しています。メンバーのレベルは例年以上に高い気がしますが、この馬には期待が持てそうです。
 このレースについては後日予想を載せますが、馬券を購入するとしたら、この馬に関する馬券は必ず入れます。

 あっ… ということは、来ないのかな?  私の予想は良く外れますしw


 とにかく、今週は面白そうなレースが多いので楽しみです!

テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

日本経済新聞社

 今日は企業の説明会へ参加するために、こんな場所へ行きました。


日本経済新聞社の本社です


 詳しいことは、あとでリンク先のもう1つの私のブログへ書きますが…

 マスコミを受けるんだったらもうちょっと新聞をちゃんと読まないとまずいなあ

 というのが率直な感想です。新聞をちゃんと読むことが筆記試験対策としては一番ですから、もっとちゃんと読まなければ。
 ただ、家では朝日新聞しか取っていないので、読むのは日経新聞ではないですけどね。


 また、今週は個人的にPOGが楽しみです。これについては後日書きますね。

テーマ : 就活 就職活動 新卒 就活ポータル - ジャンル : 就職・お仕事

ブログ開設者として見逃すわけにはいかない

 私自身は有名人でも芸能人でもありませんし、ブログのアクセス数も多いとは言えませんが、1人のブログ開設者として、このニュースを見逃すわけには行きません。
 誰であっても、ブログを荒らされたら嫌な気持ちになるはずですから、この摘発は正しい試みだったと思います。

以下、Yahoo!ニュースの読売新聞記事より転載

2月5日3時3分配信

芸能人ブログを集中攻撃、「炎上」させる…18人立件へ


 著名人などのブログに悪意の書き込みが集中して閉鎖に追い込まれたりする問題で、警視庁は、男性タレント(37)のブログを攻撃した17~45歳の男女18人について、名誉棄損容疑で刑事責任を追及することを決めた。

 「殺人犯」などと事実無根の書き込みが繰り返されたという。警察庁によると、「炎上」と呼ばれる現象を引き起こす集団攻撃の一斉摘発は初めて。匿名を背景にエスカレートするネット世界の“暴力”に歯止めをかける狙いがある。

 警視庁関係者によると、18人は大阪府高槻市の国立大職員の男(45)、千葉県松戸市の男(35)、札幌市の女子高校生(17)ら。すでに自宅などを捜索してパソコンや携帯電話のデータを押収、近く同容疑で書類送検する。

 被害に遭ったのは、テレビのお笑い番組などで活躍していた男性で、18人は昨年1~4月、男性が開設したブログ上で、少年4人が殺人罪などで実刑判決を受けた東京・足立区の女子高生コンクリート詰め殺人(1989年)に、男性が関与したといういわれなき中傷をした疑い。「人殺しが何で芸人やるんだ」「死ね、犯人のくせに」「てめえは何をしたと思ってるんだ」--などの書き込みが、この短期間に数百件に上ったという。

 きっかけは約10年前、所属芸能事務所が「足立区出身の元不良」とのうたい文句で男性を売り出したこと。その後、インターネットの掲示板に、男性を犯人扱いする書き込みが始まった。所属事務所は2002年、ホームページ上で「事件とは全く無関係」と告知したが、効果はなかった。

 男性のブログは中傷を消しても消しても、後から書き込まれる状態が続き、昨年4月、男性はブログを書き込み禁止にするとともに、「タレントとしての名誉が著しく傷つき、芸能活動に重大な支障が生じた」として、中野署に被害届を提出した。

 警視庁で通信記録を調べたところ、数十人が書き込みをしており、その中から執拗(しつよう)に悪質な書き込みを繰り返していた18人を特定した。

 ネット上での中傷被害は年々増加しており、警察庁によると、全国の警察への被害相談件数は07年、過去最高の8871件。08年も上半期だけで5482件に上っている。

テーマ : Yahoo!ニュース - ジャンル : ニュース

「ぷよぷよ」の同時消し記録

 「ぷよぷよ」の連鎖消しの記録の動画は以前から知っていましたが、同時消しの記録動画は最近はじめて知りました。

 


 連鎖の場合は、組み方さえ理解していればある程度大きなものができると思いますが、意図的に大きな同時消しを狙うのは相当難しいと思います。
 もちろん私にはこんな神プレイはできません。こういう動画を探すのが好きなだけですので。

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

「伯方の塩」のCM

 とても懐かしいです。最後の方にあるCMは今まで知りませんでしたが。↓




 忙しい人向けの動画も見つけたので、載せておきます。↓




 伯方島は現在も存在しますが、伯方町は2005年に今治市の一部となって名前が消えてしまったそうです。
 「伯方の塩」の発祥の地として名前が残ってもらいたかったですね。

 私は「伯方の塩」というと、このCMの他では、カルビーのポテトチップスのイメージが強いです。

テーマ : CM - ジャンル : テレビ・ラジオ

第44回 京都牝馬ステークス(G3) 予想と根拠

 ◎ スペルバインド
 ○ レインダンス
 ▲ ハチマンダイボサツ
 △ ニシノマナムスメ
 △ プリンセストロイ
 △ ハートオブクィーン
 消 ザレマ


 実績の抜けた馬がおらず、こちらも予想が難しかったです。

 ◎ スペルバインドは現在2連勝中で、前走は今回と同条件のレースでした。デムーロ騎手に乗り替わるのは悪いことではありませんし、ここは充実期に入ったと見て、本命に推します。追い込みタイプなので、頭よりは軸の方が良いと思います。

 ○ レインダンスは2007年の秋華賞2着馬ですが、それ以降馬券には一度も絡んでいません。しかし、3走前と2走前のレースは復調を伺わせるものがありました。得意の京都コースに戻って、更なる上昇が期待できそうです。単勝14倍(14時36分現在)というオッズは、馬券的にもおいしいでしょう。

 ▲ ハチマンダイボサツは1600メートル戦で3勝をあげており、この距離は合っています。京都コースで勝ち鞍がないのが少々気になりますが、展開が向かなかった前走の敗戦で人気を落としている感があるので、ここは狙ってみたいです。

 △ ニシノマナムスメは前々走のカシオペアステークス3着の内容が良かったと思います。この馬に先着したバトルバニヤンはオープンクラスで安定した成績を収めていますし、2着のキャプテンベガは昨日の東京新聞杯で大穴をあけました。レベルの高いレースで3着、そして同じ京都コースとなれば、それなりに人気していても切るのは怖いです。

 △ プリンセストロイは盛岡の芝のレースで力をつけてきて、中央再転入した後は芝のレースを2戦使い、どちらも勝利しています。勢いと言う意味ではこの馬が1番怖いです。格上挑戦となりますが、牝馬限定戦の重賞であれば十分に勝負になるでしょう。

 △ ハートオブクィーンは成績が安定しないためいつも人気になりませんが、前へ行けた時はしぶといです。函館2歳ステークス、桜花賞、前走のターコイズステークスなんかを考えてもらえば分かると思います。
 そういえば、函館2歳ステークスは重馬場でした。今日の京都コースは、現在やや重真で回復したものの相変わらず時計がかかっています。穴馬としては最適でしょう。

 消 ザレマはまさかこのメンバーで1番人気になるとは思いませんでした。前走のターコイズステークスは上位入線馬が前に行った馬ばかりなので、展開がハマっただけです。成績もあまり安定いるわけではありませんし、これは明らかに過剰人気でしょう。
 去年のこのレースの2着馬ではあるのですが、ここは消します。

 このレースはあと30分ちょっとで発走ですね。馬券は購入しませんが、楽しみながら観戦します。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

第23回 根岸ステークス(G3) 予想と根拠

 ◎ ナンヨーヒルトップ
 ○ バンブーエール
 ▲ オフィサー
 △ セントラルコースト
 △ ニシノナースコール
 △ フジノウェーブ
 消 ビクトリーテツニー

 
 今回は印を回しきれなかった馬も結構いました。そのくらい混戦のレースだと思います。

 ◎ ナンヨーヒルトップは3走前の秋嶺ステークス (東京ダート1600メートル戦) で、好位からの競馬で2着に7馬身の差をつける完勝でした。今回は東京の1400メートル戦となりますが、ここでも500万下のレースで7馬身差の圧勝があり、何ら問題はありません。ハナを切っても好位からでも競馬できる自在性もあり、ここは本命です。

 ○ バンブーエールは目下のところダート戦で4連勝中です。2走前に今回と同条件のレースを勝っており、コース適性に問題はありません。力だけを見たらこのメンバーでは抜けているでしょう。
 ただ、59キロのハンデがちょっと微妙な気がするので、○に落としています。

 ▲ オフィサーはここ4戦1400メートル戦ばかりを使われて、2走前には今回と同条件で2着、そして前走はオープン勝ちと調子を上げています。中央競馬の重賞では今一歩の成績ですが、思ったほど人気が無い (11時30分現在で単勝17.7倍) こともあり、▲まで上げます。

 △ セントラルコースト前8走全てをダートで走り、そのうち7戦が1400メートル戦で、掲示板を外したことがありません。こういうタイプを消すのは怖いです。
 関西馬ですが、東京ダート1400メートル戦でも2着があり、コース適性は問題ないと見ます。

 △ ニシノナースコールは全成績を見る限り、明らかに左回りの方が向いています。前走も中京のダート戦で8番人気と言う低評価ながら勝利をものにし、穴をあけました。1400メートルという距離は短い気もしますが、それが影響しているためか、単勝は現時点で35倍以上ついています。今回も注意は必要でしょう。

 △ フジノウェーブは今回の出走メンバーでバンブーエールと並ぶG1馬です。東京コースは昨年のフェブラリーステークスの12着しか経験していませんが、これは距離が長かったことに原因があるでしょう。前走で中央競馬のメンバーと戦っても遜色ない競馬を見せてくれましたし、1400メートルならば許容範囲です。今日のような道悪は東京盃のレースを見る限り大歓迎のはずなので、大穴を狙いたい方はどうぞ。

 消 ビクトリーテツニーは1000万下で東京ダート1400メートル戦を勝利しており、コースは悪くありません。ただ、前走のカペラステークスは上位の馬を見る限り完全に追い込み馬のためのレース展開になっており、展開がハマった感が強いです。その前走の勝ち方のためか現在2番人気となっていますが、個人的にはこれは過剰人気だと思っているのでここは嫌いたいです。


 次の記事では京都牝馬ステークスの予想を載せます。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。