プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
501位
アクセスランキングを見る>>

第140回天皇賞(秋) (G1) 予想

 ◎ オウケンブルースリ
 ○ ウオッカ
 ▲ シンゲン
 △ ドリームジャーニー
 △ カンパニー
 △ エアシェイディ


 明日は朝から出かけなければならず、ちょっと忙しいので、予想根拠はお休みにします。馬券を購入する時間もありません。
 といいますか、最近は競馬の予想はしても、馬券は購入しないことが増えてきています。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

今週のPOG出走馬(アマファソン、ジャポニズム、マイネルレインなど)

10月31日(土)
福島2レース 新馬戦 マイネルレイン M氏指名
京都6レース 新馬戦 ジャポニズム Y.Y氏指名
京都9レース 萩ステークス(OP) アマファソン M氏指名

11月1日(日)
京都1レース 未勝利戦 マージービート Y.Y氏指名
京都2レース 未勝利戦 セレスロンディー M氏指名

 私以外の方の指名馬一覧を見たい方は、下のリンクをクリックしてください。
 8月17日の記事が表示されます↓

 POG指名馬リスト


 今週のPOG出走馬は5頭ですが、指名馬が出走するのは6人中2人、M氏とY.Y氏だけです。
 Y.Y氏は現在3位で、2位の私とは690P差なので、ジャポニズムが新馬戦を勝てば順位が入れ替わります。
 M氏は現在5位ですが、アマファソンが萩ステークスを勝てば、一気に2位まで浮上します。
 ちなみに、1位のY.S氏は私の2倍ほどのポイントを持っていてダントツです。
 今まで勝ち上がり率の高さだけで2位を守ってきましたが、私もそろそろ落ちる頃ですかね。

 今週デビューの指名馬、マイネルレインについて少し触れておきます。
 もう1頭の指名馬ジャポニズムについては、8月29日の記事ですでに触れているので、ここでは省略します。
 一応、8月29日の記事のリンクを貼っておきます↓

 ジャポニズムについて

 マイネルレインは、新種牡馬ロージズインメイ産駒の牡馬です。
 私もロージズインメイ産駒の牡馬を指名していますが、私はマイネルパシュクルの方を選びました。
 スピードはマイネルパシュクルの方が上だろうと思ったのが理由ですが、マイネルレインのデビュー戦が芝の1800m戦になったということは、こちらの方が距離の融通性があるのかもしれませんね。
 当初は8月暮れのデビューを目標にしていたようですが、調子が今ひとつとのことで、この時期までデビューが延びました。
 今回は調教タイムを見る限りでは状態も良さそうですし、今回の新馬戦は他にそれほど強いと思われる馬もいませんから、1番人気になると思います。好勝負を期待して良いのではないでしょうか。

 また、萩ステークスはレベルが高そうです。
 武豊騎手鞍上のヒットメーカーあたりが混戦の中で1番人気となるような気がしますが、新馬戦を逃げ切りで圧勝したテイラーバートンや、前走は消化不良の結果だったダノンハラショー、野路菊ステークスでリルダヴァルの2着に入ったコスモファントムなど、強い馬が多いです。
 結果がどうなるかはレースが始まるまで分かりませんが、アマファソンはそれほど人気にならないのではない気がしますね。


 ※ これの前の記事 (マリオカートWiiのBGMの記事) に頂いたコメントの返事は先ほどしました。
 その前の記事 (就職活動に関する記事) に頂いたコメントの返事は、もう少しお待ちください。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

マリオカートWii BGM集

 前の私の就職活動に関する記事については色々反響がありましたが、あのような暗い記事をいつまでもトップには置いておきたくないので、気分転換に全く違う内容の更新をします。
 このブログにおいて、私の気分を明るくしてくれるものの3要素は、競馬・音楽・ゲームです。その中でゲームについては最近書いていなかったので、久々にゲームBGM集を載せておきます。
 本当は、「聖剣伝説2の縛りゲームプレイ日記」を再開して載せたいところですが、いかんせん就職活動がうまく行かず、再開できない現状なので…。

 実は、今までマリオカート関連の話題はこのブログでは2回しか書いたことがありません。
 にもかかわらず、blogramのマリオカートランキングでは、相変わらず私のブログが上位にランクインしているのですよ。何か不思議です。
 というわけで、私も好きなマリオカートWiiの話題にしました。

 今回は、数あるマリオカートWiiのBGM集の動画の中で、私の最もお気に入りの動画を1つ載せておきます。
 ちなみに私は、保存して作業用BGMとして使っています↓




 画質や音質ももちろん良いですが、私にとってこの動画の良いところは、BGMの順序が完全にバラバラなところです。
 レインボーロードのBGMを最初にも最後にも持ってきていないところが特に良いですね~。

 私がマリオカートWiiのBGMの中で好きなのは、「レインボーロード」、「メイプルツリーハウス」、「ムーンリッジ&ハイウェイ」、「ココナッツモール」など他にもありますが…
 最も好きなのは「ドッスンさばく」のBGMです。あの西部劇っぽいところが良いですね~。

 ちなみに、私のマリオカートの実力は… 「攻略サイトを見て、"何とか"一応全キャラ出しました」程度のものです。上手いとは言えません。
 あと私のフレンドコードもありますが、ここには載せたくないので載せません。

 それにしても、Wiiハンドルでドリフトすると、あさっての方向に進むことが多いのはどうしてでしょうかね~。
 まあ、私が下手なだけだと思いますけどねw


 ※ 前の就職活動に関する記事には、色々なコメントがされています。そのうち、さんぱんさん、ぴんきーさん、消火器売りの男さんへのコメントの返事を私はまだしていません。
 これらのコメントの返事は、少し考えながらしたいと思っていますので、少々時間がかかると思いますが、ご了承ください。返事は必ずします。



 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : マリオカートWii - ジャンル : ゲーム

私の就職の1番の夢 絶たれたり・・・

 ここ最近書いていなかった、私の就職活動に関する話です。
 記事もかなり長くなっていますが、読んでくださると嬉しいです。

 先日、ずいぶん前から私の第一志望だった企業から、筆記試験の結果の通知が来ました。
 その本文を、下に記しておきます。

 先日は会社説明会及び筆記試験にご参加いただき、ありがとうございました。
 貴殿の採用に関して慎重に吟味した結果、誠に残念ながらご希望に添えないことになりましたので御通知申し上げます。
 今後の御活躍をお祈りいたします。

 2009年○月△日 ▲▲新聞社(←競馬新聞の新聞社です)

 要するに不合格だったわけですが、どうやら普通の不合格ではなかったようでその下には手書きでこう記されていました
 その内容を転載しておきます↓

 ○○様 (←ここには私の本名が書いてあります)


 お疲れ様でした。ワシがチェックしたら、No.2ということはなかったが、水準以上のデキだったよ。
 ただ、プロとしてやっていくには・・・。 同業他社の内定を持っているヤツもいるレベルの高い集団 (受験者) だから。
 でも、君はなかなかいい味だよ。これからも競馬と我が社をよろしく。


 
 30~40人ほどが受けたこの筆記試験の後には作文とアンケートがあり、私達がそれを書いているうちにこの筆記試験の採点が終わりました。人数が少ないこともあり、早く終わったようです。
 その筆記試験の結果が良かった8名は呼び出されて、別の部屋で1人ずつ、全く予告のなかった小さな面接を受けましたその際に私は、この筆記試験の点数が2位だということを通知されました。

 でも、最終的に通知された結果は不合格でした。筆記試験が2位だったというのはさすがに嘘かもしれませんが、この筆記試験の時点で落とされてしまったのはどうしてでしょうか?
 考えられるのは…

 (1) 作文とアンケートの結果が悪かった
 (2) 筆記試験よりもかなり前に提出した履歴書の内容が悪かった
 (3) 筆記試験後の小さな面接の対応が悪かった
 

 といったあたりですが、自分にとっての第一志望の企業なだけに、志望動機は他企業よりも力を入れて書いていますし、小さな面接でも自分なりに説得力のあることを言えたと思っています。
 それだけに、腑に落ちない面も当然あります。

 また、上の大きな文字の転載文章にある、 「水準以上のデキ」 という表記も気になります。これが、合格水準以上のデキという意味で使われているのか、それとも受験者の平均点に少し高い程度という意味で使われているのかが、これでははっきりとは分かりません。
 でも実際は不合格だったわけですから、後者の意味で使われているのかもしれませんね。
 

 ここまでの文章を見てもらえば分かると思いますが、私の最もやりたい仕事は、競馬新聞の編集記者です。
 今までこのブログでは競馬に関することを多く書いてきていますが、私は本当に競馬を仕事にしたいかったのです。
 競馬を仕事にと言っても、ギャンブルに没頭したかったわけではありません。競馬を多くの方々に知ってもらい、ギャンブルの悪い面を少しでも取り除くことのできる仕事をしたかったのです。

 同じ業種としては、JRA (日本中央競馬会) も受けましたが落ちています。志望動機は、今回の競馬新聞社とほぼ同じです。
 ただ、JRAでは編集記者は募集していません。私は文字を通じて競馬を知ってもらいたかったので、JRAよりも競馬新聞の編集記者の方がやりたい仕事です。

 しかし、競馬新聞の編集記者という仕事は、非常に狭き門です。実際この競馬新聞社でも、今期は1人しか採用しないと前もって言っていました。
 非常に特殊な業種ということもあり、受けに来たのは30~40人くらいでしたが、1人しか採らないとなると倍率は30~40倍となるわけです。これだけ競馬についての話題を書いてきた私でも、その中で1番となる実力は無かったようです。採用人数がもう少し多ければ、面接で落とされたとしても筆記試験は通っていたのかもしれませんが。


 不況の影響もあったのか、競馬新聞の編集記者は、今年はここ以外は採用をしていませんでした。
 これで就職活動における私の1番の夢は絶たれてしまったわけですが、まだ就職活動は続けていきます。私はまだ、就職を諦めたくはないのです!

 過去にはこのブログへ、「もう就職活動を諦めた方が良いんじゃないですか?」とか、酷いものになると「もう人生を諦めた方が良いんじゃないですか?」といったコメントも頂きました。これらのコメントは、アドバイスでも何でもありませんよね。
 私はそのようなコメントには流されません。他人のアドバイスはもちろん受け入れますが、それ以外は自分で決めます。そうしないと、絶対に後で後悔するから…。

 1番近い日にちでは、10月29日に会社説明会の予約を入れています。厳しいですが、これからも何とか頑張ります!


 この記事の折り込みに、 私が今回受けて不合格だった競馬新聞社の筆記試験の競馬に関する問題 を、私の覚えている限り載せておきます。その問題を解いた際の私の手応えも載せています。
 興味のある方は、この記事の1番下 (バナーの下) にある 「続きを読む」 をクリックしてください。かなりマニアックな問題が載っています 


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



続きを読む »

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

第70回菊花賞(G1) 予想&予想根拠

 ◎ イコピコ
 ○ リーチザクラウン
 ▲ ナカヤマフェスタ
 △ セイクリッドバレー
 △ シェーンヴァルト
 △ ポルカマズルカ


 今年の牡馬クラシックレースは、日本ダービーに続いて菊花賞も雨になってしまうのかなあと思いましたが、京都は雨が降っていないようで良かったです。


 ◎ イコピコ …前走の神戸新聞杯(G2)では、ただ1頭この馬だけが上がり3F33秒台の脚を使い、リーチザクラウン以下を抑えて勝利しました。2着が逃げたリーチザクラウン、3着が前目につけていたセイウンワンダーということからも、前につけた馬たちの方が有利だったと言えるので、この勝利は着差以上に大きいものでしょう。京都コースは初めてですが、阪神・中京・小倉と違う種類の西の競馬場で勝ってきているのですから、あまり馬場は気にしないタイプだと思います。ここは本命に推します。

 ○ リーチザクラウン …今年の日本ダービー(G1)では、道悪馬場が合っていたこともあるのだとは思いますが、あそこまで時計を要す酷い馬場となると、スタミナ無しには良い結果には結びつかないでしょう。このレースで2着だったのですから、この馬は3000mのレースをこなすスタミナは十分にあるものだと思って差し支えないと思います。
 ただ、今回は前走の神戸新聞杯のようにスンナリと逃げることができるかがポイントとなりそうです。競りかけられれば当然スタミナの消耗は激しくなりますし、スリーロールスポルカマズルカキタサンチーフあたりは前につける競馬をしてきそうですから、これらに競りかけられると大敗も考えられます。そのため、脚質的に安定感に欠けるこの馬を本命にはできず、対抗としました。

 ▲ ナカヤマフェスタ …今年の日本ダービー(G1)では、あの酷い馬場で最後方付近から追い込んで4着と、自力とスタミナを見せ付けたレースでした。これは、道悪巧者というだけでは済まされない結果であり、これならば3000mの距離も大丈夫でしょう。今回はセントライト記念(G2)を勝ってこのレースに挑んできており、秋も調子は良さそうです。
 関西への遠征が初となる点が不安なので、▲評価に留めましたが、それさえなければ上の2頭と互角以上のレースができるものだと思っています。

 △ セイクリッドバレー… 前走のセントライト記念(G2)は、ナカヤマフェスタとコンマ1秒差の2着と上々の結果でした。しかも、後方からの競馬となることの多いこの馬が前目に付けてこの結果を出したのですから、自力の強化だけでなく、脚質の幅が広がったこともプラスです。
 しかも 単勝のオッズは9時5分の時点で42.6倍と、ナメられているとしか思えない不当な人気薄 です。高配当を狙いたいのであれば、最低でも紐には入れておきたいところです。ナカヤマフェスタと同じく、関西への遠征が初となる点が不安ですが、このおいしい人気となると、私としては印を回さないわけには行きません。

 △ シェーンヴァルト… 今年の日本ダービー(G1)では、ナカヤマフェスタと同じく最後方付近から追い込んで6着と、スタミナのあるところを見せてくれました。秋は札幌記念(G2)・神戸新聞杯(G2)と今1つの結果に終わっていますが、それだけに今回も人気がありません(単勝オッズは9時5分時点で32.0倍)。
 デイリー杯2歳ステークス(G2)を勝っており、札幌記念(G2)を使って、人気薄で菊花賞(G1)に挑むあたりは、2002年の菊花賞で大穴をあけたファストタテヤマと似ており、一発の魅力を感じます。

 △ ポルカマズルカ… 牝馬の菊花賞参戦は、1995年のダンスパートナー (結果は5着) 以来、14年ぶりとなります。牝馬に不利と言われる長距離戦ですが、この馬は2600mの古馬と混合の1000万下クラスのレースを3戦し1勝、しかも3着内率100%と、スタミナは抜群のものを持っています。
 スピード比べのレースになると分が悪いと思いますが、スタミナを要する展開になれば、思わぬ激走もあるのではないでしょうか。
 それに、鞍上が長距離戦を得意としている横山典弘騎手というのもプラスです。人気薄の先行馬で横山典弘騎手というと、2004年の天皇賞(春)を勝ったイングランディーレを思い出します。
 厳しい条件の下で行われるレースですが、△の最後に入れておきます。


 ◎~▲までは堅い予想となりましたが、△はみな人気薄となりました。
 そして、いつもよりも予想根拠が長くなったような気がします。書いていて熱くなってしまったようです。
 今年の牡馬の最後のクラシックレースですから、面白いレースを期待したいですね。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

今週のPOG出走馬(ファンドリアスカ、ゴールスキー、ローズキングダムなど)

10月24日(土)
京都6レース 新馬戦 ファンドリアスカ Y.Y氏指名

10月25日(日)
東京2レース 未勝利戦 ユメユメユメ Y.S氏指名
京都3レース 未勝利戦 デイズオブメモリー M氏指名
〃             ツルマルスピリット I.J氏指名
京都5レース 新馬戦 ゴールスキー I.J氏指名
〃            ローズキングダム I.S氏指名

 私以外の方の指名馬一覧を見たい方は、下のリンクをクリックしてください。
 8月17日の記事が表示されます↓

 POG指名馬リスト

 今週は、6人でやっている仲間内のPOGで指名馬が出走しないのは私だけです。現在2位の私ですが、果たして今週はこの順位を死守できるのでしょうか。


 今週デビューの指名馬3頭について触れておきます。

 ファンドリアスカは、競馬王のPOG本には、今年の西園厩舎の4番打者と書かれていました。
 1番打者はフィールドシャインと書かれていましたが、骨折で出遅れてしまっただけに、この馬にかける期待は大きいはずです。
 私は指名当時はあまり気にしていなかった馬なのですが、この血統を考えると、セレクトセールで1890万円というのはお買い得だった気がしますね。資金制限のある今回のPOGにおいては、Y.Y氏は良い指名をした気がします。
 鞍上にも武豊騎手を配し、期待の表れが強く伺えます。ただ、1400m戦でデビューということは、マイラータイプなのかもしれませんね。

 ゴールスキーの母ニキーヤは、ダートのG1レースを4勝したゴールドアリュールをはじめとして、ニルヴァーナナタラージャなど多くの活躍馬を輩出しています。
 高いレベルの仔を安定して出す血統ですから、他のPOGでの人気も高いでしょうし、今週のCWでの追い切りタイムを見ても、素質を感じさせます。
 私も注目はしていましたが、資金縛りのあるPOGで募集価格8000万円というのは厳しく、リストに入れることはできませんでした。
 昨年の仲間内POG1位で、資金に余裕のあるI.J氏だからこそ指名できた馬だと言えます。

 ローズキングダムは、重賞2勝、G12着2回の名牝ローズバドの3番仔です。
 初仔のローザブランカ、2番仔のローズリパブリックは、募集価格が1億円を超えていたのですが、勝ち星は挙げているものの500万下~1000万下クラス止まりで、期待されたほどの成績ではありません。
 その影響なのか、ローズキングダムの募集価格は8000万円と1億円を割りました。ただ、それでも今回の仲間内のPOGのルールでは資金制限が厳しく、私はリストに入れることができませんでした。
 I.S氏はこの馬を最後に指名したがために、10頭まで指名できるところを9頭指名で終わってしまったのですが、それだけこの馬に多大な期待を寄せているということでしょう。
 まずは、薔薇一族の鬼門とされている新馬戦で、どのような結果を出すのかが注目されます。

 10月25日(日)の京都5レース新馬戦はレベルが高いです。前述のゴールスキーローズキングダムの他に、ヴィクトワールピサという良血馬が出走しています。この馬はG1馬アサクサデンエンや、小倉記念の覇者スウィフトカレントの半弟です。
 ヴィクトワールピサには武豊騎手が鞍上なので、僅かの差で1番人気はこの馬のような気がしますが、このレースはこれら3強のレースと言って良いでしょうね。
 この新馬戦は、注目です!!


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

くるり 『ハイウェイ』 『ロックンロール』

 ブログの投票フォームで紹介されていた音楽です。同じ方の紹介による同じ歌手の歌なので、今回は2曲まとめて紹介します。

 1曲目: 『ハイウェイ』
2003年11月5日にリリースされました。

 ニコニコ動画バージョン↓

 


 youtubeバージョン↓

くるり 『ハイウェイ』


 この曲のPVには、妻夫木聡さんが出演しています。ニコニコ動画・youtubeの動画ともに、その姿を見ることができます。
 妻夫木さんの姿は、子供にしか見えないという設定になっているところも面白いですね。本人がバスを運転しているのですが、果たして大型免許を持っているのかどうか…という疑問は、無かったことにしましょう。

 『ハイウェイ』というタイトルの通り、車に乗っているときに聴きたくなる曲ですね。特に、空いている高速道路で聴きたいです。
 ロックに属する曲のはずなのにリズムが淡々としている、でも何か心に訴えるものを感じる曲です。1回聴いただけでは良く分からないのですが、繰り返し聴いているうちにだんだん悲しげなものを感じてきます。それは何なのか、自分でも分かりません。


 2曲目:『ロックンロール』
2004年2月11日にリリースされました。

 ニコニコ動画バージョン(通常版が見つからなかったので、MADです)↓




 youtubeバージョン(通常版をご覧になりたい方は下のリンクからどうぞ)↓

くるり 『ロックンロール』


 先ほど紹介した『ハイウェイ』と比べると、『ロックンロール』にはロックらしい爽快感があるような気がするのですが、それでもやはり何か切ないものを感じます。
 この2曲だけではまだ何とも言えませんが、これが、くるりの歌の特徴なのかもしれませんね。

 この曲の2番の歌詞はとても素晴しいと思いました。特にこの部分です↓

 たった一かけらの勇気があれば
 ほんとうのやさしさがあれば
 あなたを思う本当の心があれば
 僕はすべてを失えるんだ


 これはもう、カッコいいなんかで済まされるセリフではないですね!
 いつか自分も、こんなことが言える場面に出会って、それに見合った成長をしたいです。


 今回この2曲を紹介してくださった方は、もう1曲違う曲を紹介してくださっています。
 ただ、すでにこの記事も長くなっていますので、こちらについてはまた別の機会に紹介することとします。  
 このブログで紹介して欲しい音楽や動画などはまだまだ募集中です。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : くるり - ジャンル : 音楽

加藤和彦 『帰って来たヨッパライ』

 加藤和彦さんを偲ぶ曲の2曲目です。1曲目 『あの素晴しい愛をもう一度』 は、1つ前の記事に載せています。


 『帰って来たヨッパライ』
 作詞:松山猛 (ザ・フォーク・パロディ・ギャング) 作曲:加藤和彦 1967年12月25日にリリースされました。

 ニコニコ動画バージョン↓




 youtubeバージョン↓

 帰って来たヨッパライ

 1960年代に発売された曲を紹介したのは初めてかもしれません。
 1967年リリースということで、相当前の曲なのですが、歌詞・メロディー共にとても特徴的なので、妙に耳に残っています。

 『帰ってきたヨッパライ』… 飲酒運転で亡くなって天国へ行った方のそれからを歌った曲です。天国って楽しいところなのかなあ。どうなのでしょうか?
 「おらは死んじまっただ」 という歌詞で始まり、 「おらは生きかえっただ」 という歌詞で終わりますが、加藤和彦さんは生きかえらないのですよね… 今は天国で…… 。
 
 
 加藤和彦さんのご冥福を、お祈りいたします。


 ★ 次の更新では、ブログ右の投票フォームで紹介されている曲を載せる予定です。更新は明日を予定しています。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 懐かしい~! - ジャンル : 音楽

加藤和彦 『あの素晴しい愛をもう一度』

 先日亡くなった加藤和彦さんを偲んで、個人的に印象深い曲を2曲載せておきます。
 まずは1曲目です。2曲目は次の記事に載せます。

 『あの素晴しい愛をもう一度』
 作詞:北山修 作曲:加藤和彦 1971年4月5日にリリースされました。 
 
 ニコニコ動画バージョン↓




 youtubeバージョン↓

 あの素晴しい愛をもう一度


 懐かしい曲を紹介するのはかなり久々ですね。私が生まれるかなり前に発表された曲ですが、よく聴いている曲です。
 カラオケで歌ったこともあります。その際、他の方が歌っていた曲とは完全に時代もジャンルも違いましたが、良い曲はいつまで経っても良い曲ですから、関係無いですよね。
 ちなみに曲のタイトルは、 "素晴らしい" ではなく、 "素晴しい" が正しい表記です。

 『あの素晴しい愛をもう一度』… この曲を作った方が亡くなったという事実を知ると、ただでさえ切ないメロディーや歌詞に、ますます重さや深みが加わったように感じます。

 加藤和彦さんのご冥福を、お祈りいたします。

 ※ 昨日の時点で2曲共に載せた記事を上げていましたが、FC2ブログの調子が悪いらしく、全く関係の無い記事と重なって表示されてしまっていました。そのため、2つの記事に分けることとしました。
 なお、昨日の加藤和彦さんに関する記事は完全に消してはいませんが、非表示とさせています。


 ★10月20日9時50分ごろ追記↓

 その後、トラブルの原因が分かりました。どうやら、FC2ブログの調子が悪かったからでも、記事が長すぎたためでもなかったようです。動画の載せ方に問題があったみたいでした。
 お騒がせして申し訳ありません

 ↑10月20日追記ここまで



 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 心に沁みる曲 - ジャンル : 音楽

違う日に書いた記事が重なって表記されてしまっています

 先ほど書いた音楽の記事 (加藤和彦さんの歌を載せた記事) ですが、FC2ブログでトラブルが起きているのか、別の記事と重なって表記されてしまっています。
 そのためその音楽の記事は、後のほうの部分が表記されていません。そしてなぜか、10月10日の記事の途中部分が表示されてしまっています。

 一体どうしてこんなになってしまったのか…。今の私には分かりません。

 とりあえず前の音楽の記事は、ブログのトラブルが解消し次第、ちゃんとした形で表示させたいと思っています。

 こんなトラブルが起きている状態なので、コメントの返事はもう少しお待ちください。
 先日下さった非公開コメントへの返事もいたします。

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

第14回秋華賞 (G1) 予想&予想根拠

 ◎ レッドディザイア
 ○ ワイドサファイア
 ▲ ブエナビスタ
 △ ブロードストリート
 △ モルガナイト
 △ パールシャドウ



 本当はこのレースの馬券を買いに行きたいのですが、今日はこれから資格試験が控えているため、馬券を購入することができません。
 個人的には今までのG1よりも自信があるのですけどね…。


 ◎ レッドディザイア…ここ最近はギリギリのところで勝ちを逃しているものの、タイムを含めて前走はトライアルとしては上々の結果でした。更なる上積みが期待できそうですし、今まで一度も連を外したことが無いのも魅力です。今回の出走馬の中では連を外す確率は最も低いのではないでしょうか。

 ○ ワイドサファイア…前走は内に包まれて消化不良の競馬でした。今回は外枠を引きましたし、前走よりも大きく人気を落としていることもあり、配当的な妙味の大きさから勝負をかけたい馬です。対抗まで引き上げます。

 ▲ ブエナビスタ…現時点でこの世代の牝馬の中では間違いなくトップの能力を持っていますが、札幌記念(G2)からというローテーションと、2枠3番という内枠は、追い込み型のこの馬にとってはマイナス材料です。京都の内回りは直線が短いので、その点もマイナスでしょう。 個人的には、今回は勝つか3着というイメージなので、○にはし辛く、▲評価としました。

 △ ブロードストリート…前走のローズステークス(G2)では、レッドディザイアを破ってのレコード勝ちを収め、秋華賞へ向けてこれ以上無いスタートを切りました。しかし、休み明け緒戦でこのような競馬をした後となると、2走ボケが気になるところです。前走は2着のレッドディザイアよりもうまく流れに乗った感もあり、ここは△に留めます。

 △ モルガナイト…この馬は500万下、1000万下と連勝してここへ臨んできた上がり馬です。今回のこのレースの出走馬とはあまり対戦をしたことが無く、実力比較がし辛いのですが、それだけに未知の魅力を感じます。2000メートル戦で3戦2勝というのは評価できますし、ここ2戦の勢いから考えると印は回しておきたいです。

 △ パールシャドウ…2走前は今回人気しているミクロコスモスとタイム差無しの2着、前走はローズステークス3着のクーデグレイスを抑えて1000万下を勝利していること考えると、最低でもこの2頭と同等の評価をしても良いはずです。しかし、この2頭よりもパールシャドウの方が明らかに人気がありません。2走前は逃げ粘って2着、前走は差して1着なのですから、位置取りは問わず内枠も問題ありません。大穴ならばこの馬でしょう。


 実は今日は2時間しか寝ていません。そのため眠気覚ましを兼ねて、この時間にブログを更新したという意味もあります。
 それでは、もう少し勉強してきます…。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 秋華賞 - ジャンル : ギャンブル

今週のPOG出走馬(ダノンパッション、マカリオスなど)

10月17日(土)
京都1レース 未勝利戦 マージービート Y.Y氏指名
京都2レース 未勝利戦 スイートエスケープ I.J氏指名
京都11レース デイリー杯2歳ステークス(G2)
               ダノンパッション Y.S氏指名

10月18日(日)
京都2レース 未勝利戦 ラプリマステラ I.S氏指名
〃             グリューネワルト 入着止まり指名
京都4レース 新馬戦 マカリオス I.S氏指名

 私以外の方の指名馬一覧を見たい方は、下のリンクをクリックしてください。
 8月17日の記事が表示されます↓

 POG指名馬リスト

 今週のPOGの注目レースは、まずはデイリー杯2歳ステークス(G2)です。今期の2歳重賞では初めてのG2レースということになります。
 Y.S氏指名のダノンパッションは、これまでのレース内容と鞍上の武豊騎手ということを考えると1番人気となりそうです。
 ただ、前走は後方からの競馬が向かない展開だったとはいえ、引っかかり方が気になりました。何となく危険な人気馬になりそうな気もします。
 前走のマイル戦の勝ちタイムが優秀だったリディル、新潟2歳ステークスで時計勝負に対応し、3着以下を離したフローライゼ、1800m戦からの距離短縮で新味が出たダイワバーバリアン、前走は消化不良だったものの血統的には距離延長は歓迎と思われるタガノエリザベートあたりまではそれほど差が無いのではないでしょうか?
 いずれにしても注目レースです。

 また、日曜日の京都2レースはPOG指名馬対決となりました。未勝利戦ながらレベルが高いメンバー構成で、指名馬のラプリマステラグリューネワルトはその中でも人気になるでしょう。
 あとは、リディルの勝った未勝利戦で2着だったフォースフルバイオや、ラプリマステラの2着だった未勝利戦で3着に入ったローザミスティカあたりに注目です。

 最後に、今週デビューするPOG指名馬、マカリオスについて軽く触れておきます。

 マカリオスは私もかなり期待している馬で、私のPOG指名候補リストにも入っていました。
 仲間内のPOGでは同じ父の同姓の馬は1頭しか指名できないルールになっているのですが、ネオユニヴァース産駒の牡馬には期待馬が多く、その中でも私的ベスト3に入っている馬です(残り2頭はインペリアルマーチジャポニズム)
 ただ調教タイム、特に坂路とDPのラスト1ハロンのタイムを見ると、どうも調教ではあまり動かないタイプのようで、新馬戦からというよりは、使いつつという感じなのかもしれません。ダノンスパシーバあたりは強敵となりそうで、今回は楽に勝利できるかと言われると疑問です。後は実戦へ行ってどうかというところです。

 これ以外にも今週は、超良血馬シャガールのデビュー戦があったりと、面白いレースが多いのですが、指名している方がいない (ルールの関係でシャガールは仲間内では指名できないことになっている馬) ので、長くは書かないことにします。
 まずは、土曜日のデイリー杯の結果が気になるところですね。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

マイネテレジア 期待のPOG馬が怪我で次々と…

 このブログにつけているアクセス解析で、昨日・一昨日と、 "マイネテレジア けが 屈腱炎" といった用語で検索してここにたどり着いている方がいるようなので、マイネテレジアについて調べてみました。
 すると…、本当に屈腱炎を患っていたようなのです…。

 以下 ラフィアンターフマンクラブのホームページより転載↓

更新日:2009年10月13日(火)
父ロージズインメイ/母マイネヌーヴェル/関東:稲葉隆一


 マイネテレジアは、10日(土)、東京で出走し、3戦目で初勝利をあげました。手応え十分に好位を追走し、直線に入ると楽に逃げ馬をかわし、後続が来るのを待って追い出すとあっさりと突き放す強い内容でした。
 レース直後に右前肢を気にしていましたが、すぐに回復しました。何かにぶつけてしびれていたのかもしれません。11日(日)にビッグレッドファーム鉾田に移動。移動後、左前肢の屈腱部が腫れて熱を持ち始め、エコー検査を行ったところ、腱が炎症を起こしていました。
 損傷率は25%です。在厩中に発見できませんでしたが、見舞金の申請を行うことは可能と思われます。近々、ビッグレッドに移動する予定です。


 ↑転載ここまで


 本当に怪我をしていたとは、残念でなりません。
 それに、損傷率25%って、かなり重度の屈腱炎なのではないでしょうか、まだ若い牝馬ですが、POG期間内の出走はもう絶望的、もしかしたら早くも引退かもしれません。


 この馬は、私の仲間内のPOG指名馬候補だったのですが、Y.S氏に競り負けて指名できなかった馬でした。
 新馬・2戦目と出遅れて思うようなレースができませんでしたが、10月10日の3戦目では牡馬相手に東京2000メートル戦を勝ち上がり、個人的にはオークスの有力候補の1頭なのではないかと思っていました。
 しかし、この怪我ではオークス出走は無理でしょうね…。

 自分のPOG的には悪いことではありませんが、それでもやはり馬が怪我をするのは嫌ですね。
 それに、前に書いたアプレザンレーヴマイネルパシュクルのこともあり、自分が期待している馬が怪我をするケースが多い気がするのが、本当に嫌です。
 私は馬に期待しない方が良いのかと思ってしまいますよ…。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

資格取得を目指して (宅地建物取引主任者)

 私は最近、就職活動をストップしています。なぜなら、 「宅地建物取引主任者」 という資格の試験が10月18日迫っているからです。試験日まであと1週間を切っています。
 詳しいことは書けませんが、私にとってこの資格の取得は、就職活動と同等か、それ以上の意味を持ちます。

 実は私は去年もこの資格取得のための試験を受けていまして、そのときは惨敗でした。
 今年は、さすがに去年よりは手ごたえがありますが、まだまだ不安な点が多いです。その不安な部分を、残りの日にちの追い込みでどうにかしなければなりません。

 現在はこの資格の勉強ばかりをしていますが、この試験が終わったら、就職活動を再開します。そうしたらまた頑張りますよ!

 また、先日とある企業の筆記試験の結果が通知されてきました。それについてはまた別の日に書こうと思っています。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事

強制結婚から12歳での出産と死亡・イエメンの現状

 私はイエメンの国の情勢についてはよく分かりません。
 でも、世界にはまだこんなことが普通に行われている国があるのだという現実を知らしめるために、このニュース記事を取り上げました。

 今回の被害者、ファウジヤ・アブドラ・ユーセフさんは、小学校4年生の時に学校を辞めさせられる→11歳で強制結婚→その後すぐ妊娠→そして妊娠による陣痛が原因で12歳で亡くなってしまいました。今の日本では考えられないことです。
 お金のために強制結婚させられるとは …私は心中を察することができず、本当に辛かったでしょうとしか言いようがありません。ご冥福をお祈りいたします。

 それにしても、記事の転載部分にもある、 「結婚の年齢制限はイスラム教の教えに反する」 という考え方は、さすがにどうかしているとしか思えません。
 イスラム教とは、人の命や意思よりも教の教えを優先しなければならない宗教なのでしょうか?

 強制結婚は昔の日本でも行われていたのかもしれませんが、それでもやはり、今でもこういうことが普通に行われている国があるというのは現実問題として恐ろしいです。

 この現状と比べると、日本の不景気や就職難は相当軽い問題だとも思ってしまいますし、実際にそうなのでしょう。
 就職活動がうまく行かないくらいで、私も落ち込んでいてはいけないのかもしれません。平和な日本に生まれただけでも、相当運が良かったのだと思うべきなのでしょうね。  
 

 以下、産経新聞より転載↓


12歳の出産・死亡…少女の命を奪ったイエメンの「強制結婚」
10月12日13時16分配信 産経新聞

 中東の最貧国イエメンで9月11日、ひとりの少女が出産の際の合併症で、赤ん坊とともに死亡した。12歳。3日間にわたる陣痛と多量の出血に苦しんだ末の死だった。
 結婚制度を含む法律の不整備、相次ぐ紛争で疲弊し、貧困にあえぐ地方、根強く残る部族社会、そしてそれらを統制できず有効な手だてが打てない中央政府-。少女の死の背景には、イエメンが抱える問題が横たわっている。(大内清)

 ■病院に行けず

 イエメンの人権団体「子供の保護のためのセヤージュ(柵)」(本部・首都サヌア)などによると、少女の名前はファウジヤ・アブドラ・ユーセフさん。
 同国西部ホデイダ州の貧しい家庭に生まれ、2008年、11歳のときに父親から24歳の男性との結婚を強要された。小学校は4年生でやめさせられた。

 ファウジヤさんは間もなく妊娠。今年9月に入って陣痛が始まった。大量の出血を伴っていたが、この時は病院に連れて行ってもらえず、3日後、やっと病院で医師の診察を受けたときには手遅れになっていた。

 イエメンでは、経済的に困窮した家庭が、新郎側から支払われる婚資金目当てに幼い娘を結婚させるケースが多く、ファウジヤさんも同様の事情で結婚を強要されたとみられる。

 こうした「強制結婚」は地方を中心に広がっており、既婚女性の約半数が15歳以下で結婚しているとのデータもあるという。

 ■8歳女児の訴え

 中には耳を疑うような事例もある。

 2008年には、当時8歳の小学2年生の女児が、28歳の男性との結婚契約書に署名させられた。米CNNテレビやフランス通信(AFP)などによると、この女児は署名後も18歳までは自宅で両親と暮らす約束だったが、じきに父親から男性と同居するよう強制された。

 数週間後、“夫”から暴力を受けるようになった女児は家を飛び出した。タクシーに乗り込んで裁判所まで来ると、助けを求めるためにベンチに座って裁判官が通るのを待った。まだ文字も満足に読めない女児が必死に絞った知恵だった。

 女児はその後、知り合った弁護士の助言を受けて正式に離婚を申し立て、同年4月、主張が裁判で認められて離婚が成立した。

 ■あいまいな規定

 「強制結婚」問題の背景には、イエメンの法律に結婚の最低年齢に関する明確な規定がないことがある。

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチによると、女性は「性交渉が可能になるまで結婚できない」などとされているだけで基準があいまいな上、夫婦間の暴力を罰する刑法上の規定もない。
 同国の女性の人権問題に関する政府機関が、女性が結婚できる最低年齢を18歳とすることや、違反者には禁固や罰金などの刑罰を課すよう法律の改正を求めているものの、議会側の抵抗で実現の見通しは立っていないのが実情だ。

 また、「結婚の年齢制限はイスラム教の教えに反する」と主張する部族指導者も多いという。イエメンでは部族の独立性が高く、中央政府による押さえが効いていないとの指摘もある。

 ■紛争が生む貧困

 相次ぐ紛争と貧困も強制結婚が後を絶たない原因の一つだ。

 イエメンでは1994年、政府軍と南部の分離独立派との間で内戦が発生。2004年からは北部で、政府軍とイスラム教シーア派の一派であるザイド派の反政府勢力が断続的に衝突を繰り返している。
 紛争が起きるたびに国内難民が大量発生し、経済が疲弊してますます社会情勢が不安定化するという悪循環に陥っているといえる。

 そんななか、貧困にあえぐ家庭にとって、娘を結婚させることは、家計への負担を減らすとともに、婚資金として収入を得られる手段となっているのだ。

 また、ファウジヤさんの死について、セヤージュの代表者はCNNに対し、「直接の原因は医療ケアがなかったためだが、本当の問題は、イエメンでは教育が欠如していることだ」と指摘。男性で約67%、女性では25%程度ともいわれる識字率の低さが、人権意識の普及や適切な保健教育の充実を阻害していると訴える。

 「強さ」や「男らしさ」を重んじる男性中心の部族文化が根強いイエメン。ファウジヤさんの悲劇は、氷山のほんの一角だとみられている。



 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : え!本当!? - ジャンル : ニュース

イライラしているからと言って…

 自分と同じくらいの年齢の方がこのような事件を起こしてで逮捕される。これは本当に嫌なことです。

 私自身も未だに就職活動がうまく行かず、内定を1社からももらえていない自分に腹が立つことがあります。空気を読めず、飲み会の場で暴れたこともありました。
 しかし、さすがにこの加害者の気持ちは理解できません。イライラしているからと言って、この行為はおかしいなんてものではないですよ。
 もし、就職活動がうまく行かないまま大学を卒業することになったとしても、こんな人間にだけはなりたくありません。



 以下、時事通信より転載↓

園児ら3人けられ負傷=傷害容疑、22歳男逮捕
10月11日21時22分配信 時事通信

 11日午後3時50分ごろ、滋賀県栗東市下鈎の路上で、「殴られて泣いている子どもがいる」と110番があった。県警草津署員が駆け付けたところ、幼稚園女児(6)や小学2年男児(7)ら子ども3人が現場におり、いずれも顔などに軽傷を負っていた。
 草津署は傷害容疑で、近くにいた同市下鈎の無職北川朋載容疑者(22)を逮捕した。容疑を認め、「何事もうまくいかずいらいらしていた。おれがやった」と話しており、同署は慎重に捜査している。
 


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : 痛いニュース - ジャンル : ニュース

今週のPOG出走馬の結果(りんどう賞組、ツルマルスピリットなど)

 今週は諸事情で、早いうちにPOG出走馬リストを出すことができませんでした。
 今日、日曜日の出走馬はいないので、土曜日のPOG馬の結果を載せておきます。


10月10日(土)
東京3レース 未勝利戦 マイネテレジア Y.S氏指名 … 1着 +500P
京都5レース 新馬戦 ツルマルスピリット I.J氏指名 … 9着
京都9レース りんどう賞(500万下) グレナディーン I.J氏指名 … 2着
                                    +400P
〃                    アマファソン M氏指名 … 4着
                                    +150P
〃                    オーロラナイト Y.S氏指名 … 5着 
                                    +100P

 私以外の方の指名馬一覧を見たい方は、下のリンクをクリックしてください。
 8月17日の記事が表示されます↓

 POG指名馬リスト


 レースを見ていないので詳しいことは書けませんが、ちょっとだけ… レースを見た方からすると、"何を書いているんだ"という感じの文章になっていると思います。

 マイネテレジアは未勝利を脱出しましたね。私の牝馬のエース候補だったのですが、Y.S氏に競り負けて指名できなかった馬です。
 東京の2000メートル戦を勝ったとなると、桜花賞よりはオークス向きかもしれませんね。

 ツルマルスピリットは、まだ調教タイムが今ひとつという話を聞いていましたが、その通りの結果になってしまいました。ゲート試験の合格にも時間がかかっていたこともあり、馬がまだ子供なのかもしれません。

 りんどう賞組3頭は勝てはしなかったものの、みなポイントを稼ぎました。グレナディーンは血統通り、確実にポイントを稼いでいきそうですね。
 アマファソンは、距離短縮がマイナスだったのかもしれません。マイル以上の距離で見直したいです。
 オーロラナイトは、新馬戦は外からスムーズな競馬をして勝っているので、内枠よりも外枠の方が良いのかもしれません。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

ダイの大冒険名曲集 & 組曲『ダイ大』

 ブログの投票フォームのアンケートで紹介されていた動画です。
 しかし今回は、私の知識不足で、あまりちゃんとした紹介にはなっていないかもしれません。投稿してくださった方には申し訳ありません。


 1つめ、 ニコニコ動画 ダイの大冒険名曲集




 ドラクエシリーズのゲームは、1~7まで持っているので、この動画の曲は1回聴いただけでほとんど分かりました。
 しかし、私はダイの大冒険のストーリーはほとんど分かりませんアニメは、
ずいぶん前の夏休みに毎日のように放送されていたのですが、これも飛び飛びでしか見られなかったため、話がつながりませんでした。
 そのため私にとって、この動画で紹介されている曲のイメージは、ダイの大冒険のとある場面のイメージではなく、ドラクエシリーズのゲームのとある場面のイメージという方が先行してしまいます。ドラクエ2の洞窟の曲だとか、ドラクエ4の城の曲といった感じです。

 でも、ダイの大冒険のOP曲 『勇者よいそげ!!』 と、ED曲 『この道わが旅』 はちゃんと知っています。詳しくは書きませんが、あれは良いですね~。
 この2曲はカラオケで歌えるようにしたいところですが、私には声が合わなさそうです。

 紹介されている曲やBGMが全て素晴らしいのは良く分かりますが、私のようなゲームしか分からない方よりも、ダイの大冒険を良く知っている方の方がもっと楽しめる動画でしょうね。


 2つめ、 ニコニコ動画 組曲 『ダイ大』





 私はこの動画についてはほとんどコメントできません。なぜなら、マンガのダイの大冒険のネタバレが満載だからです
 ニコニコ組曲は一応知っていいるので、動画の最初を見て以降は、曲だけを聴いていました。
 動画に投稿されたコメントを見る限りでは、曲と歌詞とダイの大冒険のストーリーがかなりうまくシンクロしているようなので、ある程度知っている方であれば、かなり楽しめると思います。

 ちゃんとした動画紹介にならなくて、本当に申し訳ありません…。


 現時点では、あとお一方の音楽紹介がされていませんが、こちらはもうしばらくお待ちください。
 このブログで紹介して欲しい音楽や動画などはまだまだ募集中です。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : ニコニコ動画 - ジャンル : 音楽

アプレザンレーヴ 重度の屈腱炎で引退へ

 前走の神戸新聞杯(G2)で9着に敗れた後に、左前浅屈腱炎を発症していたアプレザンレーヴについてです。
 昨日に引き続き、競走馬の怪我のその後のニュースを伝えることになってしまいました。

 ラフィアンのホームページとは違い、サンデーレーシングのホームページは会員でないと馬ごとの詳しい情報が見られないので、詳しいことは書けません。
 しかし、アプレザンレーヴが引退することになってしまったのは事実のようです。

 この馬の引退後はどうなるのでしょうか?
 重賞は青葉賞(G2)を勝っただけで、G1勝ちが無いので、種牡馬になるのは厳しいのかもしれません。

 アプレザンレーヴは馬体さえ絞れれば菊花賞でも好勝負が期待できたでしょうし、大柄な馬体から考えても血統的な面から考えても今後の成長が期待できる馬でしたから、この引退は残念ですね。
 1つ上のお姉さんのレーヴダムールも、骨盤骨折にともなう内出血が原因で亡くなっていますし、この血統は常に怪我と戦わなければならないのかもしれません。

 ちなみに私は今年の仲間内のPOGで、アプレザンレーヴの1つ下の弟のレーヴドリアンを指名しています。
 レーヴドリアンの兄、ナイアガラアプレザンレーヴ、姉のレーヴダムールはみなG1レースの出走経験のある優秀な競走馬ですが、G1レースを勝ったことはありません。

 高い能力を持ちながらも、怪我に泣いている血統なだけに、レーヴドリアンには、悲願のG1初制覇を成し遂げて欲しいものです。
 G1を勝てる能力を持っていなかったとしても、無事是名馬であって欲しいですね。馬が怪我をする姿は見たくないので…。

 レーヴドリアン10月10日に入厩するそうです。このタイミングで入厩するのであれば、年内にデビューできそうですね。
 勝ち負けは二の次にして、まずは無事にデビュー戦を迎えて欲しいです。


 ※ ここ最近は競馬に関する記事が続いていますが、明日はブログの投票フォームで紹介されている音楽の記事を書こうと思っています。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : 応援馬 - ジャンル : ギャンブル

マイネルパシュクル、角膜の損傷でプラタナス賞は回避

 私のPOG指名馬でもあるマイネルパシュクル (父ロージズインメイ/母マイネポリーヌ/関西:加用正) は、東京競馬場で今週行われるプラタナス賞 (2歳500万下・ダ1400m) に出走予定でした。
 しかし、調教中に目を怪我してしまったらしく、それが原因で今週のレースは回避するとのことです。


 以下、ラフィアンターフマンクラブのホームページより転載↓

更新日:2009年10月9日(金)
父ロージズインメイ/母マイネポリーヌ/関西:加用正


 マイネルパシュクルは、4日(日)の調教後、右目に違和感を生じました。
 獣医によると、角膜を損傷しており、チップなどの異物が目に入ったものだろうとの診断です。治療に禁止薬物を使用したこともあり、予定していたプラタナス賞は回避します。現在も目が白濁しており、眼帯を着けている状態で、獣医の許可が出しだい、ビッグレッドファーム鉾田に移動する予定です。


 ↑転載ここまで


 マイネルパシュクルは、未勝利戦の勝ち方を見た限りでは、少なくとも2歳のうちに2勝できると思っていました。そして、運がよければダートの2歳交流重賞でも好勝負できると思っていました。しかし、なかなかそううまくは行かないようです。
 栗東所属の馬が怪我を原因にビッグレッドファーム鉾田へ移動するとなると、復帰にはどのくらいかかるのでしょうか…?私にはちょっと分かりません。
 もしかしたら、次にレースに出る頃には年が明けているのかもしれません。

 仲間内のPOGで指名していて、能力的なことを考えても、それなりにポイントの上積みを期待できる馬だっただけに、これはちょっと痛いですね。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : 競馬情報 - ジャンル : ギャンブル

オディール… これも競馬の現実ですけれど…

 ★ 10月4日19時20分ごろ追記
 この事故について、JRAから、正式な発表がされました。
 

 第4回阪神競馬第8日11R道頓堀ステークスに出走したオディール号(牝4歳 栗東・橋口 弘次郎厩舎)は、競走中に左第1指関節開放性脱臼の疾病を発症し、予後不良となりました。

【主なレース成績】 2007年 KBS京都賞ファンタジーステークス(JpnIII)  1着

通算成績 16戦3勝 獲得賞金 120,291,000円 (付加賞含む)


 とのことです。これも競馬の現実なのですが、辛いですよね…

 ↑19時20分追記ここまで



 ★ 10月4日20時30分ごろ追記↓

 探してみたところ、youtubeにこのレースの動画が上がっていましたので、リンクを貼っておきます。 このレースでは、黄色い帽子を被った騎手が乗っている、ゼッケン9番の白っぽい競走馬に注目してください↓
 この動画にはレース後の部分も載せられています。あの馬の姿は、とても痛々しいです。
 こちらを視聴の際は、心してご覧ください↓

 

 10月4日 阪神11レース 道頓堀ステークス(youtube版)

 なお、先ほどまで貼っていた、JRAのホームページからのレース映像のリンクは削除いたしました。

 ↑20時30分追記ここまで


 以下は、この事故の詳細を知る前に私が書いた文章です

 私は今日はWINSへ、 中山11レース 第43回 スプリンターズステークス (G1) を見に行っていました。
 その際に購入した馬券は外れ、レースが確定してすぐにWINSを出てしまったので、阪神11レースの道頓堀ステークス (1600万下) を見ることはできませんでした。
 そのため、今回のオディールに関する事故は、家に帰ってきてから初めて知りました。

 事故の詳細については、この記事を書いた時点ではまだ分からないので、ここには書きません。


 詳しいことは分かりませんが、かなり酷い骨折をしてしまっているのでしょう。よく落馬せずに、ゴール板を通過できたものだと思います。
 上手く表現ができませんが、オディール自身が賢い馬であり、かつ人間に対しての気遣いのできる馬だったからこそ、こういう結果になったのでしょう。

 それだけに、ゴール前のこの馬の姿は痛々しいです。
 おそらくこの後は馬運車で運ばれていったのだと思いますが、1本の脚が折れた状態で、残りの3本の脚で懸命に動こうとしている姿を想像すると… おそらく私は直視できません
 現地でこのレースを観戦していた方は、どういう気持ちだったのでしょうね…。

 オディールが予後不良となってしまうかどうかは分かりませんが、あの様子では助かったとしても、競走馬としての復帰はほぼ無理でしょう。
 そういう場合、馬のことを考えればどうすればよいのでしょうか?

 私には、明確な答えが出せません。

 だって、(1)「草食動物は4本足で立って走り回ってナンボのものではないか。だから、再起不能と分かった時点で楽にしてあげた方が良い」という考えも正しいでしょう。
 
 一方、(2) 「再起不能の大怪我をしたとはいえ、まだ生きているのだから、できる限りの手を尽くして、何とか馬を生かしてあげたい」 という考えも正しいと思います。

 この2つのどちらが正しいということを考えるのは間違いでしょう。
 そもそも、競走馬に普段から触れ合っていない私達には、競走馬の本当の気持ちは分からないことです。牧場で働いている方や、厩務員の方にも分からないことなのかもしれません。

 私としてみれば、再起不能レベルの怪我をした競走馬が助かって欲しいかと聞かれたら、答えに困ります。
 なぜなら、この怪我の痛みは馬自身にしか分からないことであり、生きていることの方が辛いかもしれないからです。

 私はギャンブルが好きな部類に入るのだと思いますが、競馬だけは他のギャンブルとは違った見方をしています。そして、ギャンブルの中でも競馬が1番好きです

 競輪、競艇、パチンコ、パチスロ… これらは人間の存在、または人間と人間が作った機械との兼ね合いのみで成り立っているギャンブルです。そこには、人間以外の生命の存在はありません。
 一方、競馬には競走馬という、生命を持った馬の存在無しには成り立ちません。しかも、その競走馬は人間の都合の良いように扱われているのです。
 もちろん、牧場の方々・調教師の方々・厩務員の方々は、競走馬の健康を第一に考えて、出来る限り早く走ることのできるように考えて育てているはずです。
 とは言いましても、それは競走馬にとって最も良い環境とは言えない気がします。人間の手が加わっている時点で、野生よりも良い環境を作ることはできないのかもしれません。

 常に怪我と隣り合わせの状況に置かれながら、人間のエゴのために、競馬というアミューズメントを提供してくださっている競走馬には、常に感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。競走馬は決して、”走る機械”ではないのです。
 競馬を、他のギャンブルといっしょにしたくない理由はそこにあります。


 私は競馬が大好きですが、同じ競馬が好きな方であっても、競馬をただのギャンブルとしか見ることができない方とは仲良くできないのかもしれません。
 馬券を当てて、お金を稼ぐことさえできれば良いという考えをお持ちの方には、私の考えは理解できないことと思います。
 できることであれば、私はそういう方々には考えを改めてもらいたいと思っていますが、どうやっても無理と思われる方には強要するつもりはありません。
 私の考えは特殊かもしれませんので、考えを押し付けるつもりはありません。私と同じ考えを持ってくれる方が1人でもいてくれれば、それで十分です。

 以上、アクセス数の低いこのブログに書くのもどうかと思いますが、今回のオディールの事故から、競馬に対する私の考えまで、長々と書いてきました。私に対する反対意見も多数あることでしょう。
 でも、私の考えに共感してくださる方が1人でもいらっしゃることを期待して、この記事の終わりとします。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking


テーマ : 応援馬 - ジャンル : ギャンブル

第43回スプリンターズステークス(G1) 予想&予想根拠

 ◎ ビービーガルダン
 ○ アルティマトゥーレ
 ▲ グランプリエンゼル
 △ カノヤザクラ
 △ プレミアムボックス
 △ アーバニティ

 スリープレスナイトの引退という時点で、このレースのレベルがかなり落ちてしまったと思う方は、私だけではないと思います。

 ◎ ビービーガルダン…4ヶ月ぶりのレースとなったキーンランドカップ(G3)を制してこのレースに臨んできました。札幌や函館での良績が目立ちますが、昨年のこのレースの3着馬ですし、中山コースでの勝ち鞍もあります。昨年の覇者スリープレスナイトがおらず、昨年の2着馬キンシャサノキセキはぶっつけでこのレースに臨むことになってしまったことを考えると、1度レースを使ったこの馬が最有力でしょう。ここは本命です。

 ○ アルティマトゥーレ1200m戦は5戦4勝・2着1回というパーフェクト連対で、距離適性はこのメンバーの中でもトップと言って良いでしょう。前走で初重賞制覇と、勢いもあります。ただ、中山コースは今まで一度も走ったことが無いという点はちょっと不安です。そのため、ここは対抗に留めておきます。

 ▲ グランプリエンゼル…いろいろな場面で、今年の3歳馬は強いという話を聞いています。昨日のシリウスステークスでも、3歳馬のワンダーアキュートが1着、ゴールデンチケットが3着に入りました。この馬も軽量ハンデだったとはいえ、古馬相手に重賞で1着・3着と強い競馬をしています。前走よりも2キロのハンデ増、中山が初コースという不安はありますが、勢いのある3歳馬ということで、高めの評価をしておきたいです。

 △ カノヤザクラ…この馬は、今年のサマースプリントシリーズのチャンピオンです。前走のセントウルステークス(G2)では負けはしたものの、上位3頭は先行馬という中で、差して来て4着というのは価値があります。使い詰めで来ているので上積みは無いかもしれませんが、ここ4戦の馬体重を見る限り、特に馬体減りも無いようなので、特に調子が落ちているということも無いでしょう。中山コースでの勝ち鞍はありませんが、スプリント戦の安定感と、今回の人気落ちを考えると狙いたい馬です。

 △ プレミアムボックス…個人的な印象なのですが、この馬は鞍上の影響であまり人気にならないイメージがあります。しかし、鮫島良太騎手とは非常に手が合っており、2走前には12番人気での重賞勝利、前走も10番人気ながら4着と健闘しています。そして今回もあまり人気がありません。中山コースは重賞を含めて2勝していますから、適性はあるでしょう。配当的な妙味もあり、△に入れておきます

 △ アーバニティ…この馬は中山1200m戦は2戦2勝で、その中には重賞(オーシャンステークス G3)も含まれます。中山適性・距離適性は十分です。外枠が不安ですが、極端な先行馬ではないので、そこまで大きな不利は無いと思います。それに今のオッズであれば配当もおいしいです。休み明けということで大負けもあるかもしれませんが、大駆けも考えられるという意味で、最後の△に入れておきます。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking




テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

いきものがかり 『YELL』 (エール)

 『YELL』

 ブログの投票フォームのアンケートで紹介されていた音楽です。
 2009年9月23日に、いきものがかりの15作目のシングル曲としてリリースされましたこれは、新曲に疎い私にとっては、超新作です。
 シングルのリリースは2009年の9月23日ですが、曲そのものはそれ以前から知られていたようで、NHKの『みんなのうた』では、8~9月にかけて放送されていたそうです。私は聴くことができませんでした。というよりも、アンケートで紹介されるまではこの曲を知りませんでした。

 またこの曲は、NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲だったそうです。課題曲は合唱形式だったそうなので、少し違うのかもしれませんが、こちらも聴いてみたいですね。


 ニコニコ動画からは、2つ紹介します。まず1つ目は、通常版です↓



 2つ目は、ちょっと変わったインストゥルメンタルバージョンです。この動画の主旋律に使われている楽器は何なのでしょうか? チェンバロ?↓




 youtubeからは、この曲のPVを紹介しておきます。下のリンクから飛んでみてください↓

 いきものがかり 『YELL』(エール) PV


 私が気に入る曲というのは、メロディーよりも歌詞から入ることが多いのですが、この曲の場合はまずはメロディーに「グッ!」と来ましただからこそ、あのインストゥルメンタルバージョンの動画も紹介しています。
 もちろん、歌詞も素晴らしいです。メロディーと歌詞があいまって、「どれだけ泣かせれば気が済むんだ!」という感じがします。
 特に歌詞のサビの部分、 「サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL」 という部分が好きです。ものすごく説得力のある言葉ですよね。
 個人的には、合唱コンクールだけでなく、卒業式などの人との別れの場面で聴いても共感できるような曲だと思います。


 現時点ではこの曲を紹介してくださった方を含めて3名の方が、投票フォームのコメント欄に音楽紹介をしてくださっているのですが、投票してくださった日時の早さの関係で、この曲から紹介することにしました。
 残りのお二方の音楽紹介は、もうしばらくお待ちください。

 音楽を紹介してくださって、本当にありがとうございます。


 ★10月3日18時45分ごろ追記

 この記事を書き終わった後に、薬局へ買い物へ行ったところ、この曲が流れていました。
 直前にこの記事を書いていたこともあり、恥ずかしながらもちょっと反応してしまいましたよ。
 やはり、今ちょうど流行っている曲なのですね~。

 ↑10月3日追記ここまで


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

走る馬ほど罹りやすい… 屈腱炎の恐怖

 競馬について興味のある方でしたら、スリープレスナイトの引退、アプレザンレーヴの戦線離脱はすでにご存知だと思います。
 ところが、さらに追い討ちをかけるように、今年の東京盃(Jpn2)を制したバンブーエールも戦線離脱ということになってしまいました。

 スリープレスナイトは今年のスプリンターズステークスの本命に、アプレザンレーヴは菊花賞の本命に、バンブーエールはJBCスプリントの本命にする予定の馬でした。
 それだけに、尚のこと残念です。

 これらの競走馬に共通するのは、みな重賞を制覇しているということと、怪我が全て屈腱炎であることです。

 屈腱炎は骨折とは違って再発しやすく、完璧にに完治することはありません
 そのため、予後不良レベルの怪我を除くと最も厄介な怪我です。競走馬としての命をたたれるような怪我なのです。
 しかも、よく走る馬ほど罹りやすい傾向があるように私は感じます。何とも皮肉なものです。

 アプレザンレーヴとバンブーエールも、競走馬として復帰できるかどうかは分かりません。それに、復帰したとしても競走馬としては厳しいものになってしまう恐れは大きいでしょう。
 カネヒキリのようなケースは稀だと思います。

 バンブーエールの怪我のニュースはそれほど有名ではないかもしれませんので、文章を転載しておきました。
 興味がありましたらご覧ください↓


 以下、SANSPO.COMより転載↓

バンブーエールが屈腱炎…全治9カ月以上
2009.10.2 16:38

 JRA(日本中央競馬会)は2日、08年のJBCスプリント(交流GI)を制したバンブーエール(牡6歳、栗東・安達昭夫厩舎)が右前浅屈腱炎を発症したと発表した。全治は9カ月以上になる模様。

 また、同様に今年の毎日杯(GIII)を制し、NHKマイルC(GI)で2番人気(8着)に支持されたアイアンルック(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎)も右前浅屈腱炎を発症。JRAはこちらも全治9カ月以上と発表した。

 バンブーエールは昨年、8月から4連勝でJBCスプリントを制覇。重賞初制覇で一気にGI馬の仲間入りを果たした。先日行われた東京盃(交流GII)でも人気に応え快勝しており、この秋はさらなる飛躍が期待されていた。


 ↑転載ここまで

 ★ 明日は時間があれば、投票フォームのコメント欄で紹介されている音楽を載せようと思っています。 


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : 応援馬 - ジャンル : ギャンブル

喜べない卒業

 半月ほど前からすでに分かっていたことなのですが…

 今年度で大学を卒業することが決まりました!

 しかし、これは現時点の私にとってはあまり喜ばしいことではありません。
 なぜなら、企業からの内定・内々定を1つももらっていない上に、今後の就職活動も全く見通しが立たないからです。

 しかも私は大学を1年留年していますつまり、大学に5年間在籍していたにもかかわらず、今のままでは仕事に就けないまま大学を卒業してしまうわけです。

 私は、大学の講義科目取得単位数的には、昨年度の時点で大学を卒業することも可能でしたが、昨年度は36単位も残っていたため単位数的には卒業可能だったものの結構ギリギリでした。そのため就職活動がうまく行かず、留年を決意しました。
 結果としては、登録可能限界単位数の40単位の科目登録をして、留年のために8単位分の科目の後期試験を意図的に受けなかったところ、残りの32単位は全て取得できていたので、昨年度で卒業することは可能な状態だったのです。
 ただ、就職先が無い以上、卒業するわけには行きませんでした。私は4単位を残して、留年することとなりました。


 しかし、今年はさすがに留年するわけには行きません。
 今年の就職活動では、企業の面接でよく留年理由を尋ねられました。
 私はそのたびに、「それは全て昨年度にうまく行かなかった就職活動のためです。今年こそは就職活動を成功させるべく、留年を決意しました!」等の言葉を留年の理由としてきました。
 これはもちろん、全て本当のことです。

 でも、来年度はさすがにこの理由は通用しません。就職活動だけを理由に2年も留年することはあまり考えられないことだからです。
 それに、2年も留年したとなると、企業側が見る目も悪い意味で変わってくるはずです。少なくとも、真面目な学生と受け取ってもらうことはできないでしょう。
 2年間就職活動をしてきてダメだったのだから、自分は一般企業に入るのには向いていなかったのだと、私としても諦めがつきます。ダメだったらダメで、大学を卒業する直前、または卒業してから新たな道を探すことになるでしょう。一応、就職に失敗した時の道は、現時点で1通りだけは考えていますけどね。



 こんなことを書いてきましたが、私はまだ今年度の就職活動を諦めたわけではありません。
 明日はとある企業の説明会に参加してくる予定ですし、4日後には現時点で私の第一志望の企業の筆記試験が控えています。まずはこれに向けて頑張ります。

 私はまだ、今年の就職を諦めていません!
 

 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : どんな仕事をしているのだろう - ジャンル : 就職・お仕事

今週のPOG出走馬(マージービート、デイズオブメモリー、グリューネワルト)

10月3日(土)
阪神2レース 未勝利戦 マージービート Y.Y氏指名
〃             デイズオブメモリー M氏指名
〃             グリューネワルト 入着止まり指名

 私以外の方の指名馬一覧を見たい方は、下のリンクをクリックしてください。
 8月17日の記事が表示されます↓

 POG指名馬リスト

 今週は仲間内のPOGに関連したレースは、土曜阪神2レースの1鞍だけですが、そのレースには3頭のPOG指名馬が出走します。
 この3頭にももちろん注目ですが、この馬以外にも、血統的な期待の大きいエンクリプションや、ラナンキュラスにハナ差で惜敗したベストクルーズなどが揃い、混戦かつかなりレベルの高い未勝利戦となりそうです。
 

 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : POG - ジャンル : ギャンブル

| ホーム |


 BLOG TOP