プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
365位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
185位
アクセスランキングを見る>>

第23回 根岸ステークス(G3) 予想と根拠

 ◎ ナンヨーヒルトップ
 ○ バンブーエール
 ▲ オフィサー
 △ セントラルコースト
 △ ニシノナースコール
 △ フジノウェーブ
 消 ビクトリーテツニー

 
 今回は印を回しきれなかった馬も結構いました。そのくらい混戦のレースだと思います。

 ◎ ナンヨーヒルトップは3走前の秋嶺ステークス (東京ダート1600メートル戦) で、好位からの競馬で2着に7馬身の差をつける完勝でした。今回は東京の1400メートル戦となりますが、ここでも500万下のレースで7馬身差の圧勝があり、何ら問題はありません。ハナを切っても好位からでも競馬できる自在性もあり、ここは本命です。

 ○ バンブーエールは目下のところダート戦で4連勝中です。2走前に今回と同条件のレースを勝っており、コース適性に問題はありません。力だけを見たらこのメンバーでは抜けているでしょう。
 ただ、59キロのハンデがちょっと微妙な気がするので、○に落としています。

 ▲ オフィサーはここ4戦1400メートル戦ばかりを使われて、2走前には今回と同条件で2着、そして前走はオープン勝ちと調子を上げています。中央競馬の重賞では今一歩の成績ですが、思ったほど人気が無い (11時30分現在で単勝17.7倍) こともあり、▲まで上げます。

 △ セントラルコースト前8走全てをダートで走り、そのうち7戦が1400メートル戦で、掲示板を外したことがありません。こういうタイプを消すのは怖いです。
 関西馬ですが、東京ダート1400メートル戦でも2着があり、コース適性は問題ないと見ます。

 △ ニシノナースコールは全成績を見る限り、明らかに左回りの方が向いています。前走も中京のダート戦で8番人気と言う低評価ながら勝利をものにし、穴をあけました。1400メートルという距離は短い気もしますが、それが影響しているためか、単勝は現時点で35倍以上ついています。今回も注意は必要でしょう。

 △ フジノウェーブは今回の出走メンバーでバンブーエールと並ぶG1馬です。東京コースは昨年のフェブラリーステークスの12着しか経験していませんが、これは距離が長かったことに原因があるでしょう。前走で中央競馬のメンバーと戦っても遜色ない競馬を見せてくれましたし、1400メートルならば許容範囲です。今日のような道悪は東京盃のレースを見る限り大歓迎のはずなので、大穴を狙いたい方はどうぞ。

 消 ビクトリーテツニーは1000万下で東京ダート1400メートル戦を勝利しており、コースは悪くありません。ただ、前走のカペラステークスは上位の馬を見る限り完全に追い込み馬のためのレース展開になっており、展開がハマった感が強いです。その前走の勝ち方のためか現在2番人気となっていますが、個人的にはこれは過剰人気だと思っているのでここは嫌いたいです。


 次の記事では京都牝馬ステークスの予想を載せます。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

<< 第44回 京都牝馬ステークス(G3) 予想と根拠 | ホーム | 今週のPOG出走馬(ラターシュなど) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP