プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
501位
アクセスランキングを見る>>

現地よりフェブラリーステークス観戦

 今日、東京競馬場で行われたG1レース、「フェブラリーステークス」を現地で観戦してきました。

 レース映像はこちら↓
 第26回フェブラリーステークス

 写真は現地で撮影してきたものです。どれもレースが確定してから撮影したものですが、それについてのツッコミは無しでw

 1枚目、今日のフェブラリーステークスの3コーナーから4コーナーへ向けての映像です。エスポワールシチー(12番)が良いペースで引っ張っています。
20090222190010



 2枚目、ゴール直前の映像です。逃げたエスポワールシチー(12番)をカジノドライヴ(14番)とカネヒキリ(2番)が捕らえにかかり、その外からサクセスブロッケン(15番)がこれらをまとめてかわしていきました。
 結果的には前に行った組で決着しました。しかし、レコードタイムでの決着ということを考えると、前に行った組が楽な展開だったとも一概には言えないだけに、このレースで上位に入線している馬たちは本当に強いと思います。
20090222190014



 3,4枚目、第26回フェブラリーステークスを制覇したサクセスブロッケンを前と後ろから撮影したものです。 
20090222190018


20090222190016



 このレースは、ダートの新旧世代交代を告げる結果となった気がします。私もこうなると思っていたのでエスポワールシチーを自信の本命としたのですが、結果は4着でした。
 そして、勝ったサクセスブロッケンは無印でした。やはり私は馬を見る目がありませんね…。

 馬券もエスポワールシチーからの馬連を中心に買っていたので的中しませんでした。でも、レースそのものは面白いものだったので現地まで見に行った意味はあったと思います。

 でも、東京競馬場で行われるG1レースの割にはお客様の数が少なかった気がします。ダートのレースも芝のレースと同じくらい盛り上がって欲しいものです。

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

<< ゲーム好きの方は是非! | ホーム | 第26回 フェブラリーステークス(G1) 予想と根拠 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP