プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
949位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
501位
アクセスランキングを見る>>

第57回 阪神大賞典(G2) 予想と根拠

 ◎ オウケンブルースリ
 ○ ヒカルカザブエ
 ▲ ナムラクレセント
 △ アサクサキングス
 消 スクリーンヒーロー


 天皇賞(春)に直接つながるメンバー構成ですね。

 ◎ オウケンブルースリの出走した菊花賞の3コーナーからのレースぶり見る限り、ステイヤー適性は相当なものを感じます。実力が疑問視された前走のジャパンカップでも勝ち馬とコンマ3秒差の5着に入り、格好をつけました。ここは菊花賞と同じ距離に戻り、このレースの主役といって良いでしょう。馬場状態が気になるところですが、それほど道悪を得意としている馬も見当たらず、軸馬としては最適だと思います。

 ○ ヒカルカザブエの前走・日経新春杯は、最内枠が災いして全く流れに乗ることが出来ませんでした。今回は真ん中よりも外目の枠を引きましたし、チグハグな競馬にはならないでしょう。メンバーは前走よりも強化されますが、前々走の元町ステークスのようなレースができれば勝つこともあると考えています。武幸四郎騎手から秋山騎手へ乗り替わっていますが、それはマイナス材料だとは思いません。今回はそれほど人気にもならないでしょうし、ここは○まで引き上げます。

 ▲ ナムラクレセントはまだ1600万条件の身ですが、菊花賞でオウケンブルースリの3着に入線しており、このメンバーでも引けは取りません。しかもこの菊花賞では、先行馬がほぼ総崩れの中で、好位につけてのものですから、価値は大きく、スタミナ勝負は望むところだと思います。やや過剰人気しそうな気もしますが、馬券対象からは外せません。

 △ アサクサキングスは前走の京都記念で久々の勝ち名乗りをあげました。去年の天皇賞(春)の1番人気馬でしたし、本来はもっと活躍できてもおかしくない馬です。
 ただ、戦績を見てみると、阪神コースでは勝ち星がありませんし、道悪では一度も馬券に絡んでいません。やはりこの点は割引でしょう。ホワイトマズル産駒は道悪馬場を得意としている馬が多いのですが、この馬は違うようです。本番は得意の京都コースに変わるので有力な存在ですが、ここは△にとどめます。

 消 スクリーンヒーローは今回のメンバーで、唯一トップハンデの59キロを背負って出走することになります。長距離戦の道悪馬場でこれは厳しいでしょう。
 また、3000メートルの距離・関西での競馬が初めてというのもあまり歓迎材料とは思えません。長距離戦の横山典弘騎手鞍上というのは合っている気がしますが、今回のレース条件と馬との相性がかなり悪いのでここは消します。


 発走時刻は15時35分です。テイエムプリキュアが前走のような逃げを見せるのかが気になるところですが、さすがにこのハンデで逃げ粘るイメージは湧きませんね。

テーマ : 中央競馬重賞予想 - ジャンル : ギャンブル

<< 今日の重賞結果と個人的見解 | ホーム | 第58回 スプリングステークス(G2) 予想と根拠 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP