プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
882位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分に素直になることが1番です

 このブログの6月20日の記事に書きました、
「性格診断系の適性検査」において、真正直に答えるべきかどうか?」
についての話題です。
 ちなみに、私はこの性格診断系の適性検査を真正直に答えると、企業からは遠慮されそうなタイプです。

 一昨日の夜に飲み会がありまして、私以外の飲み会の参加者は社会人、もしくは既に企業から内定をいただいている学生ということで、上の質問をしてみました。

 結果は… 人によって意見が分かれました。「自分を良く見せるためであれば、ある程度は嘘をついても良い」という意見もありましたし、「ここで嘘をついてうまく行ったとしても、面接で絶対にボロが出るからやめた方が良い」という意見もありました。 
 そんな中で、最も私の心に響いた意見はこういうものでした。

 「性格診断系の適性検査に真正直に答えて、落とされるような企業なのであれば、その時点で自分には合っていない企業だったんだと割り切って考えるべき」

 という意見です。 

 自分の都合の良い思い込みのような気もしますが、確かに、適性検査で落とすような企業が自分に合っているとは到底思えません。もしその会社に入ったとしても、会社の方針に合わなかったりついていけなかったりして、やめてしまう恐れもあるでしょう。
 企業は適性検査の時点で、会社の方針に合わない方は落としているのだと思います。

 それに、会社の方針に無理やり合わせようとするのも苦痛ですし、周りの空気になじむまでに時間のかかる私には簡単にできることではありません。
 一度ついた嘘はかなり長い間、場合によっては一生その罪を背負っていかなければなりませんから、他人にはもちろん、自分にも嘘はつきたくありません。嘘をついたところで、要領の悪い私の場合はすぐにバレてしまうのがオチです。

 適性検査を受ける際の実際問題として、1つ1つの質問に対して、ここで正直に答えると企業に悪いイメージを持たれるなんてことは考えたくもありません。
 変に悩んでしまうと回答に時間がかかってしまいますし、表と裏の激しい性格の持ち主だと思われてしまう恐れもありますからね。

 というわけで…

 私はこれからも、性格診断系の適性検査では真正直に答えていくことにします!

 そう決まったことで、気持ち的にはかなり楽になりました。


 これからも、内定を目指して就職活動を頑張っていきますよ!


 ★ 6月23日0時30分ごろ追記

 この記事とは全く関係がありませんが、競馬界において非常にショックなニュースがあったようです。
 まだ、信頼性に欠ける内容なので、追記で表示しておきます。この情報が誤報だった場合は、この記事の追記以降の文章を削除いたします。
 追記を読みたい方は、下の「続きを読む」をクリックしてください↓


 アグネスタキオンが… 

 アグネスタキオンが死亡したとの情報が某所で流れているようです。
 JRAからの正式な発表はまだ無く、スポーツ新聞などでも発表されていないため、確かではありませんが、本当だとしたら非常にショックです。

 本当だとしたら、競走馬としても、種牡馬としても太く短い生活になってしまいましたね…。

 このようなことを書いてはいますが、まだこの情報が本当だとは思いたくないというのが私の本音です。誤報であって欲しいと祈ります。

テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

<< お金の工面はできたので良し? | ホーム | 第14回マーメイドステークス(G3) 予想と根拠 >>


コメント

アドバイス

Authorさん、それは間違っていると思いますよ。
私は、企業の適性検査では嘘をつくべきだと思います。真正直に答えて落とされるような会社ならば、入社した後に苦労するとおっしゃっていますが、失礼ですがあなたのような性格で真正直に答えて入れる会社を見つけるのはかなり苦労すると思います。

あったことがないので、わからないのですが文章を見る限り「真面目」で「誠実」なかたなのだと思います。たいていの企業は真面目でコツコツやっていくそういうタイプは落とせと幹部の方から人事に伝わっているようです。

これは、
①真面目で嘘のつけない人間は仕事で真面目に考えすぎるために、あるいわ、他の人からの仕事の依頼に断れなくて鬱になってしまうかもしれないから。
②要領のいい人にうまく使われる上、そのような人とうまく人間関係を構築できないから。

などいろいろな理由があると思います。
人間10人いれば10人違う考え方であり、一概には言えないとは思いますが、嘘をつけないというあなたの性格の時点で上記のような感じで人事の方から見られる可能性は
あります。

決意をしたのに悪いのですが、私の考えでは「適性検査および、面接では嘘はつくべき、社会人になってからも必要に応じて嘘はついていくべき」です。

私も、就活が終わった4回生ですが、あなたと同じようなタイプで正直に答え続け落とされ続けた経験があります。もう、心を鬼にしました。

あなたの生き方とは全く違ったとしても、
仕事は仕事と割り切って円滑に生きていかれるのがよろしいと思います。

就職活動頑張ってください。

「円滑に生きたい」 ですが… 

>suguruさん
貴重なご意見ありがとうございました。

suguruさん以外にもいろいろな方から意見をいただきましたが、これからも私は適性検査でも面接でも嘘をつかずに正直に答え、話してくることに決めました。

確かに、嘘をつけないというのはあまりにも要領の悪い人間だと思われるでしょう。
ただ、適性検査で嘘をついて、上手く通過できたとしても、面接でほぼ確実に失敗をします。
面接でも嘘の上塗りが成功すれば、うまく行くかもしれませんが、面接官は人を見るプロですから、学生の、特に私のつく嘘なんてバレないはずがありません。嘘がバレたら、その企業での採用はもうアウトでしょう。

そして、私にとっては嘘をつくことそのものが苦痛です。そのため、嘘をつくメリットがあったとしても、同時にデメリットがあるのだとしたら、嘘をつかないほうが明らかに気が楽です。

非常に申し訳ありませんが、以上の理由から、suguruさんの意見を飲むことはできないと判断しました。
おそらくこれからも多くの企業から不採用通知が来ると思いますが、これからも私は嘘をつかずに適性検査や面接に挑んでくることにします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。