プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
675位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規模の小さめな合同会社説明会にて

 予定通り今日、都内某所で行われた合同会社説明会へ参加してきました。

 出展していた企業は合計で19社です。
 秋という時期であることと、不況の影響なのか、出展していた企業の数は少なく感じました。

 私はそのうちの5社を訪問し、話を聞いてきました。話を聞いた企業における私の印象の内訳は…

 受けようと思った…2社
 受けるのはやめようと思った…2社
 今回の説明だけでは分からない部分が多いので、保留…1社

 
 こんな感じです。

 企業にいる方の話を聞くと、その企業を受けたくなることが多いのですが、今回は出展企業の少ない中から5社をピックアップしたので、条件面において自分と合う企業ばかりというわけには行きませんでした。
 また、この5社以外にも、今回はタイミングが悪くて話を聞くことのできなかった企業が1社ありました。この1社と、上の保留の1社については、明日、就職サイトのページや企業のホームページを見て、受けるかどうかを考えることにします。
 今日は結構疲れた&眠いので、企業のホームページを見たいとは思えません。見たとしても、冷静な判断は出来ないでしょう。

 あと、前の記事に書いているクオカードはちゃんと入手することができました。しかも2,000円分です。
 クオカードは交通費としては使えないので、何に使うかはまだ決めていませんが、良い臨時収入となりました。


 良かったら下のバナーもクリックしてみてください。ブログの更新の励みになります↓


blogram投票ボタン



FC2Blog Ranking



テーマ : ■就職活動 - ジャンル : 就職・お仕事

<< NINTENDO64 懐かしいBGM集 | ホーム | 合同会社説明会のもう1つの目的 >>


コメント

就活について

nicenatureさんこんにちは。

私は30社近く選考に落ちた上でIT企業から内定をいただいた者です。

nicenatureさんと同じく、文系出身なので少しは参考になるのではないかと思い投稿させていただきました。

私はとにかく履歴書や面接の志望動機などは「論理的に」答えるようにしました。

たとえば、私はIT業界を主に回っていたのですが、志望動機ならば
なぜIT業界を選んだのか?
なぜそのITの中でもこの業種に特化したシステムを作る会社を選んだのか?
その業種を扱っている会社群の中でもなぜうちの会社なのか?

それを論理的に説得できるようにしました。
具体的には、業界を選んだ理由は、他の業界と大手10社の過去10年の営業利益率の比較をして営業利益率が優れていたので、今後安定している業界だと思い志望しました。などのようにです。

なぜ、その企業なのかなども、上場企業ならば財務諸表などを参考にして過去五年の利益率を見たりしました。それがダメでも、何か他の企業とは違う数字で優れている指標があるはずです。

たとえその企業が他のどの企業よりも優れている点がないとしてもできるだけ頑張って数字で調べた形跡を面接で伝えるようにしました。

こうすることで、熱意はあまり伝わらないかもしれませんが、「論理的に物事を考えることができる人材だ」と思わせることができたと思います。なぜならば、IT企業はどの企業を見ても、求める人材で最初に来るのは「論理的に考えることができる人」です。

nicenatureさんはなかなか自分の興味から志望動機を考えることに悩まれているそうですが、このように調べて論理的に志望動機などを「作る」ことで熱意を伝えるのもありだと思います。

特に、私が内定をいただいた会社はIT業界であり、理系の会社なのでより評価されたのだと思います。

もしも、IT企業を目指すのであれば自分の熱意を伝えるのもそうですが数字で論理的に志望動機を伝えるのもありだと思います。

就職活動頑張ってください。

論理力等、自分にはまだまだ足りない部分が…

>antonioさん
コメントありがとうございます!
私のことをnicenatureと呼ぶということは、私のもう1つのブログ「nicenatureの入着止まりな生活」も見てくださっているということですね。
どちらも見てくださって、本当に嬉しいです!

私はIT業界は今までに20社近く受けてきました。anitonioさんの仰っている…
(1)なぜIT業界を選んだのか?
(2)なぜそのITの中でもこの業種に特化したシステムを作る会社を選んだのか?

については、だいたいの企業の面接においてちゃんと話しているつもりです。
ただ、話し方がうまくないために、理解してもらえないという恐れは大いにあります。

ただ、
(3)その業種を扱っている会社群の中でもなぜうちの会社なのか?
これのうまい説得方法が未だに分かりません。

その業種のトップの企業であれば、それほど考える必要は無いのかもしれません。
しかし、同じ業種で明らかに位が上の企業があり、やっていることも位が上の企業と同じかそれを下回る、そしてその事実を引け目に感じている企業の場合は、どうしてウチに入ろうとしているのかと尋ねられると、うまく答えられないのが現状です。
IT業界の場合は、特にこのようなケースが多い気がします。私にとっても悩みどころです。

新卒の社員を募集しているのですから、少なくとも完全に落ち目に向かっている企業ということは無いと思いますが、営業利益率等の安定性に不安のある企業は少なからずあるはずです。
財務諸表のデータが優れていれば文句は無いのですが、時期的な問題で、必ずしも財務諸表のデータが優れている企業ばかりを志望するというわけにも行かなくなってきてしまいました。
そういう企業の場合は、他の数値で他企業と比べて優れている部分を探さなければならないのですが、それがなかなか難しく、結局分からないまま面接に向かうことになってしまい、失敗したことも結構ありました。

また、やりたいことは自分と一致してはいるものの、数値的な指標で誉める部分があまり見つからない企業を受ける場合は、調べることを諦めてしまったこともありました…。
ただ、今回のantonioさんのコメントで、誉められる部分が見つからなかったとしても、自分が尽くせる限りは一生懸命調べたという姿勢を見せることは必須であるということが良く分かりました!これは今後に実践していくつもりです。

私は面接で話していても、無駄に話が長くなるか、反対に話すことが急になくなってしまうことが多いです。これも面接での失敗の原因だと思っています。
論理的に考えたり志望動機を作ることは好きなのですが、物事をとっさに考え付くことができないので、履歴書やエントリーシートには時間をかけて書くことができたとしても、面接ではなかなかうまく行きません。
それはおそらく、自分の中の論理があやふやな部分が多いためだと思っていますので、これからはもっと論理的に考えて、自分の納得のいく志望動機を考え、作っていきます。
antonioさんが仰るとおり、論理的な思考を持っている人を企業が欲しがっているのは事実ですし、IT業界なら尚更そうなのでしょう。

それに、数字を使って論理的に志望動機を伝えるという考えを私は忘れていました。
言葉で色々並べるよりも数字の方が説得力があるケースも多々あるでしょうし、こちらも今後の面接で活かしていきます!

就職活動を、これからも頑張っていきます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。