プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1057位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
492位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイタクヘリオス逝去…

 12月12日の朝に、ダイタクヘリオスが亡くなったそうです。21歳でした。
 種牡馬を引退してからわずか3ヶ月でこのようなことになってしまうとは…残念としか言いようがありません。

 詳しくは、下のリンクを参照してください。

 山内牧場さんのブログです

 私は今日はこのブログをもう更新しない予定でした。しかし先程この訃報を知ったので、これは書かないわけには行かないと思い、ここに記録を残しておきます。

 ここまで気分屋で、かつ強い競走馬はなかなかいないでしょう。本命党の予想師達からは「裏切りの星」と呼ばれていたとの話を聞いたことがあります。
 しかし、決して嫌われるタイプの馬だったわけではなく、むしろ相当愛された馬でした。山内牧場のブログをのぞいて見てもその愛され具合が良く分かります。

 私は生でこの競走馬を見たことが無いにもかかわらず、この個性派ぶりに私はこの馬を好きになりました。そんな思いもあり、ゲームのジーワンジョッキーをやっていた時はこの馬をいかにして海外レースを勝たせるかを考えてローテーションを組んだことがありました。

 下の写真は私が持っているダイタクヘリオスのぬいぐるみです。1992年のマイルチャンピオンシップを勝利した時のものです。

ダイタクヘリオスその1

ダイタクヘリオスその2

 1992年のマイルチャンピオンシップの動画を探しましたが、見つかりませんでした。


 ダイタクヘリオスの引退レースである1992年の有馬記念も印象的なレースでした。生では見ていませんが、グリーンチャンネルの「栄光の名馬たち」を見ているときに面白いレースだなあと思ったので動画を載せておきます。
 ちなみに、ダイタクヘリオスはスプリンターズステークスからの連闘でした。距離が倍以上違うのに凄いローテーションです!
 また、サンエイサンキューが予後不良となったレースでもあるので、悲しいレースでもあります…。
 でも、今はそれにはあまり触れたくありません。


 1992年 第37回有馬記念



 
 そして、この馬について語るのであればダイイチルビーのことを忘れてはなりません。

 ダイタクヘリオスとダイイチルビーが同レースに出たのは計8回あります。
 その8戦とは、1991年の京王杯スプリングカップからダイイチルビーの引退レースの1992年安田記念までの9戦のうち、1991年のスプリンターズステークスを除く8戦全てのレースです。


 ここまでこの2頭が同じレースに出ているというのは、ただ距離適性が合っていたというだけでは無いような気がします。同世代ということもあり、何か運命的なものがあったのでは無いかと考えてしまうのは私だけではないのかもしれません。

 せめて、ダイイチルビーとの子供を一度見てみたかったですね。天国では仲良くしていることを祈ります。

 そして、息子のダイタクヤマトには何とかダイタクヘリオスの血を受け継ぐような名馬を出して欲しいと思います。
 気性の難しい馬でしたが、今はもう何も縛るものはありませんから自由に駆けていてくださいね。

 なお、土曜日の中日新聞杯(G3)の予想はお休みにさせていただきます。こんなショックな出来事のあった後なので。

テーマ : 競走馬【牧場】 - ジャンル : ギャンブル

<< 第1回 カペラステークス(G3) 前日予想 | ホーム | 今週のPOG出走馬(ブエナビスタ、デグラーティアなど) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。