プロフィール

入着止まり(nicenature)

Author:入着止まり(nicenature)
性別:男性
ハンドル:nicenature、ナイスネイチャ、入着止まりのどれかです。
競馬との関連性の低い場面ではnicenatureまたはナイスネイチャ、比較的高い場面では入着止まりを使用しています。
ここでは入着止まりと名乗っています。

趣味:競馬、雑学探し、テレビゲーム、安い物探し、懐メロ(70年代後半~90年代が中心)を聴くこと

好きな競走馬のタイプ:強いはずなのになかなか勝ちきれない馬

ここでは、主に私の趣味について書いていきます。
もっと詳しいプロフィールや日常生活について知りたい方は、リンクの「nicenatureの入着止まりな生活」をご覧下さい。
こちらも平行して更新しています。

カテゴリ

最新記事

リンク

このブログはリンクフリーです。 相互リンクも大歓迎します!

最新のコメント

過去記事(ログ)スクロール

POG2012‐2013指名馬10頭

レッドアリオン
牡 栗・橋口
父アグネスタキオン
母エリモピクシー
 NHKマイルカップ4着

クライナーヘルツ
牡 栗・池江
父ネオユニヴァース
母ライジングクロス

ワナビーザベスト
牝 美・勢司
父ステイゴールド
母シャープキック

スイートメドゥーサ
牝 栗・松元
父アグネスタキオン
母ローブデコルテ
新馬戦勝利! 

グローバルハート
牝 栗・池江
父クロフネ
母グローバルピース

ミライエ
牝 栗・友道
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ

ヴァーティカルサン
牡 栗・石坂
父マンハッタンカフェ
母ヴァレラ
未勝利戦勝利! 

ルミアージュ
牝 栗・羽月
父ハーツクライ
母ラタフィア

コディーノ
牡 美・藤沢
父キングカメハメハ
母ハッピーパス
東京スポーツ杯2歳ステークス勝利!! 次走は日本ダービー

母スクエアアウェイ
牝 美・堀
父アグネスタキオン
母スクエアアウェイ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ここでのメールは、私の連絡用のアドレスに届くように設定されています。

ブログランキング

このブログを気に入ってくださったのであれば、クリックしていただけるととても嬉しいです!

過去にこのブログで紹介したゲーム一覧

・聖剣伝説2(プレイ日記は、企業から内定をもらった後に再開予定)
・ウイニングポスト6
・CAPCOM VS SNK2
・ぷよぷよ通
・ドラゴンクエスト1・2
・がんばれゴエモン2(ファミコン版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス
・がんばれゴエモン ネオ桃山幕府のおどり
・ダーククロニクル
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝
・マリオカートWii

世代を超えた音楽

紹介してもらいたい曲がありましたら、アンケートのコメント欄にお書きください。歌手名・タイトルなどを詳しく書いてくださると助かります。 コメントにて紹介された歌・曲は、しばらくしてからこのブログで記事にして紹介します。
時代・世代にとらわれず、さまざまな音楽を私が知りたい、そして多くの方々に知ってもらいたいと思い、アンケートを設置しました。

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QRコード

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
935位
アクセスランキングを見る>>

テイエムプリキュアおめでとう!

 京成杯推奨馬 セイクリッドバレー…6着
 日経新春杯推奨馬 ヒカルカザブエ…7着

 予想はどちらも不甲斐ない結果となってしまいました。もし私の予想を参考にしてしまった方がおりましたら申し訳ありません。
 もちろん私もマイナスです。

 しかし、気分は晴れています。日経新春杯はこの馬が勝つのだったら誰も文句は言わないでしょう。

 テイエムプリキュアが有終の美を飾ったのですから!!


 今日の日経新春杯のレース映像はこちら


 このレースを見たときに、私はエルウェーウィンという馬を思い出しました。

 テイエムプリキュア2005年の阪神ジュベナイルフィリーズから今日の日経新春杯まで3年以上ぶりの勝利、
 エルウェーウィンは1992年の朝日杯3歳ステークスから1996年のアルゼンチン共和国杯までおよそ4年ぶりの勝利です。

 そして、どちらも現在でいう2歳チャンピオンになってから長いスランプに陥り、復活に多くの月日を要した点で一致しています。
 テイエムプリキュアは逃げ切りで、エルウェーウィンは追い込みという違いはありますがね。

 今年から、日本では障害レースの全てが別定戦または定量戦となりましたが、こういうレースを見ていると、ハンデ戦は無くなって欲しくないと思います。
 ハンデ戦だからこそこういった復活劇を見られるのですから。これも競馬の面白さの1つです。

 そして鞍上の荻野琢真騎手も初重賞制覇となりました。テイエムプリキュアは今回でラストランとなってしまいましたが、また違う馬に騎乗して結果を残せるようにがんばってもらいたいです。

 荻野琢真騎手とテイエムプリキュアおめでとう!

 テイエムプリキュアにはお母さんになってよい仔を産んでほしいですね。

テーマ : 競走馬【牧場】 - ジャンル : ギャンブル

<< 平松愛理 「部屋とYシャツと私」 | ホーム | 第56回 日経新春杯(G2) 期待馬と危険馬 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP